アイロンかけ 結局、ハンドスチーマーを使いこなせず 昔ながらのアイロン台とアイロンがいちばん伸びる

広告

アイロンかけ。
ワタシがもっとも苦手なコトです。

なんてったって手が疲れる(笑)
着て洗ったら、またかけなくちゃならない。

できる限り、しなくて済むような服を選びます。
ハンカチも全てタオルハンカチ。

なのですが、時々必要になり仕方なくやってみる。

数ヶ月前、テレビショッピングで「パワフルハンドスチーマー」なる商品を見て、めっちゃ感動。
即買いしました。

ハンガーにかけた状態でこのスチーマーを充てるだけでバキッと仕上がるらしい。

アイロンかけの一番億劫なことが、アイロン台を広げてアイロンを押し付けて‥という点。

それを行わずに済むなんて、素敵だわー!

ところが。

なかなかシワが伸びません。
ワタシのやり方が良くないのかもしれないけれど、とにかく「台を下にして圧力をかける」ってしないと、上手くゆかないのです。

結局。

相変わらず、昔ながらのアイロン台とアイロンを使っています。

せっかく便利な道具があるというのに。
使いこなせなければ、意味がないのよねー。

綿100%のシャツとかだと上手くできそうにないけれど、もうちょっと違う素材だと有効なのかも。

ハンドスチーマー。また今度、試してみるとしよう。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら