「色のイメージ」の思い込みで、違うキャッシュカードを使ってしまいました

銀行口座はあまり多く持たず、できる限り一本化したいところですが、諸事情で複数になってしまうこともありがち。

ワタシのメインは「赤の銀行」なのですが、会社の経費精算が「青の銀行」のため、"並行稼働"。

赤の銀行は、これまでに何度か合併があり、ワタシのキャッシュカードは古いのをそのまま使っているため、水色に近いブルー。

一方、青の銀行も、カードはブルーなのですが、キャラ付きでところどころに赤い線が入っています。

この「色のイメージの思い込み」にはまってしまい、とある"事件”が発生。

赤の銀行でお金を引き出したところ、あれ?なんか残高が合わないぞ。次に青の銀行の残高も見てみると、こちらもおかしい。
なんかの詐欺にでも遭ったんじゃないか??と心配になり、慌てて家に帰り通帳を持ち出して再び銀行へ。

ドキドキしながら記帳すると‥‥
ナント「テイケイ ◯△(←銀行の名前)」と書いてあるじゃあないの!

つまり、赤の銀行のATMで、青の銀行のキャッシュカードを使って引き出してしまっていたのです。
おまけに、余計な手数料まで支出しちゃったよー。

とほほー。

まあ、とりあえず詐欺じゃなかった(そんなワケ無いですよねー勝手に妄想、汗)ことに安心するとともに、とくに慌てていたこともあり、自分の"思い込み衝動"を反省。

しかも、お財布に並んで格納しちゃっていたのもいけませんでした。

とっさのときなどは、つい、その思い込みで無意識に誤った行動をしがち。
これからは格納場所を別々にするようにしよっと。
あ。あと、こうしてブログに書いたから、頭に焼き付けることができました(笑)

ちなみに赤の銀行は、ワタシが口座開設した今から30年ほど前は、そもそも緑。

銀行さんのイメージカラーも、様々移りかわるものですね。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から570記事連続、毎日更新中。(2018年10月7日現在)→詳しいプロフィールはこちら