ピアノを弾くようにPCのキーをたたく 「言葉を奏でる」ってとらえると楽しく思える

広告

ピアノを弾くのが好きです。

3歳から18歳まで、ピアノを習っていました。その後はクラシックではなく「アマチュアバンドでのキーボード」に移行しましたが、なんだかんだいって30年近くは「鍵盤」に慣れ親しんでいた。

その後は仕事が忙しくなって、スッカリご無沙汰しちゃっていますが、
毎日毎日、PCのキーを数え切れないほどたたいているので、まるでピアノを弾いているよう。

そんなふうに考えてみると。

指がスラスラと動いてゆく。
キーをたたくと、アレコレとフレーズが思い浮かんできます。

作曲でもしているかのごとく。

キータッチを「言葉を奏でる」ってとらえると、その作業も苦にならなくなってきました。

自分の得意だったことを、別の何かになぞらえてやってみる。
「苦しいを楽しいに換える」よい方法かもしれません。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら