寒仕込み味噌造り 発酵食品は不老長寿のありがたい友です 「うめちゃんの発酵教室」

身体にいいものを食べたい!
”100歳以上生きる”には、食もとても大切。
「発酵食品」はそのための強い味方。手作りできればなおさらうれしい。
そんな願いをかなえてくれるのが、ものくろキャンプうめちゃんの発酵教室」です。

一般社団法人国際発酵食医膳 伝統発酵醸師、フードドクタージュニアのうめちゃん(梅村小百合先生)は、手作りの白しょうゆやみりん、お味噌、コチュジャンなどを教えてくださっています。

寒さの厳しくなる12月~2月にかけてが、お味噌づくりをするのに最適な季節。「寒仕込み」といわれる所以です。

お味噌大好きなワタシや家族たちに手作りしたいー!っと、念願の梅村先生の講座「寒造り!自然栽培の黒豆で味噌仕込み」に参加しました。

材料や容器のひとつひとつも厳選されています

発酵の素となる、粟國の塩と麹。

粟國の塩は、沖縄県粟国島の海水から生成され、マグネシウムやカリウムが豊富に含まれていて身体にもとてもよいそうです。

麹は福井県の「越前有機味噌蔵」マルカワみそさんの作。

大豆は北海道の「光黒」。無肥料自然栽培で育てられているもの。
黒豆はボリフェノールやアントシアニンも豊富なのが、美容にも嬉しいw

お味噌を保存する容器は、野田琺瑯さんのホーロー保存容器。
長年、家庭や業務用の保存食品に最適な容器を作っている老舗です。

材料や容器のひとつひとつにもこだわって厳選してくださる梅村先生。とてもありがいです。

まぜて、こねて

お味噌づくりのプロセスは、とにかく「まぜて、こねて」。なんですね。
まず、塩と麹。

しっとり&ネバっとしてきたら、お次は黒豆。先生があらかじめ茹でておいてくださったので、丈夫なビニール袋の上から手で潰しながらこねてゆきます。

”まぜこね”しつつ、黒豆の茹で汁をいただきました。ほんのり甘みがあって美味しい。これを飲んだだけでも寿命が延びた気がしちゃう(笑)

人がもっている「常在菌」も大切なエッセンス

”まぜこね”は素手で行いますが、人の身体がもっている、「身体表皮常在菌」というのも、お味噌づくりの大切なエッセンスになると教えてもらいました。だから素手で行うことが重要。常在菌も人それぞれなので、作る人によって微妙に味が異なってくる。

まさに、世界に一つしかない「マイ味噌」なんですね!

麹と黒豆をさらに”まぜこね”、団子状に丸めて容器に投げつけて平し、仕込み完了です。

容器は家の冷暗所に保存。熟成に10か月ほど、待ち遠しいなー。

美味しい和食ランチ

仕込み終了後は、梅村先生が和食ランチをふるまってくださいました。
ブリの照り焼きは甘酒と調味料で漬け込んだもの、黒豆のサラダは甘くなくてちょっとイタリアンテイストで箸休めにピッタリ。お味噌汁はもちろん手作りお味噌です。

どれもこれもふっくらとした滋味があって、絶品。美味しかったー!

うめちゃんの発酵教室

身体にいい発酵食品を手作りして、毎日の食に活かす。
お味噌やおしょうゆなどこれらの発酵食は「不老長寿のありがたい友」なのだと、講座を受けてあらためて思いました。

ホワイトボードでの説明も交えながら、とても分かり易く説明してくださる梅村小百合先生。

会場の「Kitchen Bee」のインテリアにも、いつも季節の小物さんたちをあしらってくれています。

「うめちゃんの発酵教室」次回の講座は、3月11日(日)のコチジャンクラスです。コチジャンも大好きなワタシ。とっても楽しみw

大阪開催では、3月24日(土)に黒豆で味噌仕込みクラスがあります。

梅村先生に宝物をたくさんいただける発酵教室、ぜひおススメです。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら