ブリューゲル展 画家一族9人による150年 素晴らしい作品たちが時を超えてやってきた(東京都美術館)

広告

東京都美術館(東京都台東区)で2018年1月23日(火)~4月1日(日)開催の『ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

一族の祖である、ピーテル・ブリューゲル1世の最高傑作といわれている「バベルの塔」

2017年4月に同美術館で開催されていた『ブリューゲル・バベルの塔 展』で、その大作を観ることができました。

今回の『ブリューゲル展』は、ピーテル・ブリューゲル1世から始まり、9人に渡る画家一族のそれぞれの作品が網羅的に展示されている、とても貴重な機会でした。

ブリューゲル一族

16~17世紀のヨーロッパにもっとも影響力を持った画家、ブリューゲル一族。

父から子へ。子から孫へ。受け継がれてゆくその作風は、オランダを中心に広がった芸術、フランドル絵画と呼ばれています。

パンフレットには、系譜が分かり易く説明されていてありがたい。

父→息子(ピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世)

孫(ヤン・ブリューゲル2世)

ひ孫たち(アブラハム・ブリューゲル、ヤン・ファン・ケッセル1世)

ひとつひとつの絵画を直に見ることができ、どの作品もとても精緻でかつ、活き活きとしていて、今にも動きだしそう!

それぞれの個性

とくにワタシが惹かれたのが、ヤン・ブリューゲル1世と、ヤン・ブリューゲル2世による《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》。

パンフレットの表紙にもなっていますが、花たちの活き活きとした様子と色彩が、本物の生け花を見ているようです。

お土産にポストカードを買っちゃいましたw

ピーテル・ブリューゲル2世による《野外での婚礼の踊り》。やはり、パンフレットの表紙になっていますが、結婚式での人々の楽しそうな様子がとても伝わってきます。

ひ孫のヤン・ファン・ケッセル1世による《蝶、カブトムシ、コウモリの習作》は、まるで昆虫標本を見ているよう。

ファミリーでも、それぞれの個性や作風に違った味わいがあり、こうした点を一同に鑑賞できるのも、本展の魅力です。

東京都美術館、ぜひおススメです

わずか30cm四方の小さな絵から、屏風のような「三連祭壇画」もあり、どの作品も500年近く前とは思えないくらい、とってもキラキラしていて色彩鮮やか。観ているだけで癒されます。

毎回の特別展が楽しみな「東京都美術館
上野公園内を散歩しながら訪れるのもヨシ。毎週金曜日は20時まで観ることができます。

音声ガイド(有料:540円)を聴きながら観るのが、作品への理解を深めることができて◎です。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら