自分の声を「音声データ」で聞く 自分で認識しているのとずいぶん違いがあるものだ

広告

どこの会社にもありがちですが、我が勤務先も何かと会議が多い。
議事録は「書く練習」にもなるので、よく引き受けています。

通常は会議の場で入力してほぼ仕上げてしまうのですが、自分が司会進行をすることもある。
そういうときはスマホに録音して後から「文字起こし」をします。

ココのところそれが続き、毎日のように自分の声の「音声データ」を聞いている。なんとも不思議な気分です。

自分の耳で認識しているそれよりも、ちょっとトーンが高い。ずいぶん違うものだなー。
我が声や、この喋り方・・あまり好きにはなれません。

よく言われるのが「他人にはこのように聞こえている」ということ。
近頃の「ボイスメモ」はかなりクリアに録音されているから、他の方の耳にも似たような音が届いているのだろうな。

せっかくデータが示してくれているのだから。
これを機会に発声の仕方や話し方を「ま、いっか」と自分で思えるように整えてみよう。

そう考えると、次の会議が楽しみになってきました(笑)

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら