母と娘 それぞれの家庭で、いろいろな在り方がある

広告

職場のメンバーから相談がありました。

「実家の母が骨折してしまい、介護のためにしばらく休暇をいただきたいのですが」

それは大変だねー。と思うものの、小さなお子さんもいらっしゃるし、離れたところで生活されているお母さまのサポート。
どれだけご自身がかかえなくてはならないのかしら?

私も実家の母は高齢(87歳)で、リウマチやら高血圧やら、いろいろ患っているようだけれど、SOSがきたことがないのです。

チームのリーダーと協議してみると、彼女のご実家のお母さまも同じだと言います。
「私の母は、滅多に連絡をしてきません」

加えて、示唆に富んだメッセージをくれます。

「母と娘って、2つのパターンがあるように思います。
嫁いでいようがいまいが、こまめに母が娘に連絡する場合と、滅多に連絡をしない場合と。どちらがいいとか悪いとかじゃなしに、ご家庭によってそれぞれのようですね」

なぜ、うちの母は後者なのだろう。

何かの折にチラッと訊ねてみたら、
「だって、アナタはいつも忙しそうだから」

いやーそういう問題じゃないでしょー。
なぜか、海外で生活している姉の方に相談したりしているらしい。

私って、頼られていないのね…とか凹むものの、仕事と自分の家庭と確かにテンヤワンヤ。
きっと怪我したりしても、しれっとソノママになっちゃうんだろうな。

頼られるのがいいのか、しれっとされるのがいいのか、分かりません。

「母と娘」って、それぞれの家庭でイロイロな在り方があるんだなー。
しかも、私は2人姉妹なので、姉には頼るけど妹には頼らない…みたいな。

ま、しゃーない。

ちなみに、私は何か困ったことがあったら息子をつかまえてはギャーギャー騒いでいます。
親子でも、異性の方がかえってスンナリ伝えられることがあるのかも?

そんなことに思いを馳せつつ多少悶々としていたら、偶然にも父から電話がかかってきました。
なんでも、近々大腸ポリープ切除手術をすることになったらしく、保証人として娘の私の捺印が必要とのこと。

コッチの方がストレートで、分かりやすい(笑)

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら