学生時代の友人と会う 還暦前でそれぞれ悲喜こもごもだけれど、とにかく100年ライフを楽しもう

広告

休日を利用して、久しぶりに学生時代の同期4人で会う機会がありました。

なにしろもう40年来の付き合いで、還暦直前。
「女子会」というのには、少々おこがましいですが(笑)オシャベリの内容も、悲喜こもごも。

我が両親はおかげさまで健在ですが、他の3人はご両親または、お父さまがすでに他界されていて、相続手続きとか、親御さんの持ち家の処分とかに、苦労したそうだ。

「ねーさんも、心の準備をしといたほうがいいよ」
たしかに、そうなんだろうなー。

一方、みんなが異口同音に言います。
「もう、仕事で突っ走るのに疲れた。ソロソロ引退したい」

おや。そうなのねー。
まだまだ働こうと思っているワタシとは、違うなぁ。
人生100年時代。仕事辞めたら何するの?と聞いても、
「とにかく疲れた」
「ただ、のんびりと過ごしたい」
どうやら、仕事も家事も、つねに完璧を目指そうとしてきた様子。

もっと、気楽にやったらいいのでは?
「白か黒か」みたいに突き詰めずに。
引退とかじゃなしに「仕事も続けつつ情報発信でライフワークを楽しむ」というのをワタシは目指してるよー。
と、伝えてみる。

親の問題とか、イロイロあるけれど。
「100年ライフを楽しもう」って、身近な友人にとっても、あんまりピンと来てないんだなー。

人生あと40年以上ある。
「定年退職」という節目は訪れるかもしれないけれど、
まだまだ「長い目」で見ておこう。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら