一つのことに集中したいとき 必須以外のことはいっとき諦めることでも良い

広告

こんにちは。還暦を迎えて新たなチャレンジを頑張っている ねーさん(@nesan_blogger)です。

「38年会社員人生&30年ワーママ人生」が私の核ですが、これらとはまた別の、あるライフワークを志すことになりました。

まだ準備中の部分もあるため、決まったらあらためてこのブログでも紹介させてもらいますが、とにかく新しいテーマに取り組むのにお恥ずかしながらいっぱいいっぱい。

どう過ごしたら良いのでしょう?

気付いたことをお伝えします。

集中したいとき:必須事項以外は絞る

物事に集中したいときについて。まずは必須事項とそうでない事項をザックリと分けてみます。

私の場合は以下です。書き出すとキリがなくなってしまいそうなので、それぞれ3つずつに絞ると

【必須事項】

  1. 会社員仕事
  2. 家族と過ごす時間(主婦業含む)
  3. ブログ

必須ではないけれど、やりたいと常々思っていること。ここでは「希望事項」とします。

【希望事項】

  1. SNSなどでの情報発信
  2. 読書
  3. 学びのコミュニティ参加や仲間との交流

必須事項も希望事項も、どれも自分にとっては大切なことなのですが、ここに「新たな集中すべき一つのこと」が加わると、もう時間が全然足りなくなってしまうのです。

あれもこれも全ておこなうことはできませんから、とにかく必須事項以外は絞るとして、少しでも空きができた時間を全て、集中したいことに使うようにします。

それでもなかなか上手くいかない:必須事項以外はいっとき諦める

「身辺整理」してみたはいいけれど、それでもなかなか上手くいかないもの。

前段落でお伝えした必須事項の中で、会社員仕事と家族との時間は絶対に外せませんが、ブログについては極論すると、書けなくたって誰かに迷惑をかけるわけではありません。

でもね。

ブログを書くことと会社仕事と家庭と、全部私の中ではトッププライオリティなのです。ブログを外したら自分が自分でなくなってしまうような…大げさかもしれないけれど、そんな存在。

一方、希望事項だって「やりたいこと」に他ならないので、つい、気になってそっちの方向を見に行こうとしてしまったり、やりたくてウズウズしてしまったり。
とくにスマホが傍らにあると、いろんな情報がドンドン入ってくるので、集中すると決めた時間はスマホを別の部屋に置いておくなどしますが、今度は頭の中で「あれどうなっているんだろう?」と想像しようとしたり。

好きなことから遠ざかるというのはなかなか難しいものです。

とにかく、やると決めたのならば。その他は「いっとき諦める」ことで良い。
そんなふうに自分の中にルール付けしてしまいます。

快適領域から出ることを目標にする

新しいチャレンジというのは、なかなかパワーが要るものです。

いつもやってることや好きなことに囲まれて過ごすのは快適ですし、習慣化していることをあえて崩すのは避けたくなってしまう。

もちろん、そのままでも構いません。

ただ、快適領域から出てみたら、もしかしたら新たな発見や成長や、未知なるワクワクが待っているのかもしれないから。チャレンジする機会ができたのならば、やってみよう。

いつもの「お馴染み」については、一段落したらまた復活すればよし。

せっかくならば、快適領域からその先に出ていくことを目標にして励みます。

最後にひとこと

やりたいことややるべきことや、いっぱいいっぱいでどうしよう??

そんな時に、この記事が参考になったら嬉しいです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら