要らない「引き出物の食器」 買取業者さんに引き取ってもらった 値段はナント、10円

広告

家の中にできる限り物を増やさない。要らない物を置かない。

そう願っていますが、不意に物が増えてしまうことがあります。とくに、結婚式の引き出物。

押入れの底に眠っていたそれらを、買取業者さんに引き取ってもらいました。

今回はそんなお話です。

押入れの肥やし

陶磁器が好きで、食器類もこだわって集めています。

結婚式の引き出物で時々いただく「お皿のセット」
きっと良い物なのでしょうが、残念ながら私の好みではありません。

捨てるものなんだし、さりとて「フリマ」などに出品するのも面倒くさい。

"押入れの肥やし"と化していました。

買取業者さんからの電話セールス

そうして早3年程が経ったある日。

たまたま電話を取ったら、相手は買取業者さん。
「要らない食器とか、使わなくなったカメラとか…ちょこっとしたものでも引き取りにいきますよ」

なんか、電話セールスって懐かしいなー(笑)
しかし、この「要らない食器」というフレーズがまさに刺さった!

早速来訪をお願いすると、1時間後くらいに担当の方がやって来てくれました。

買取価格は「10円」だった

対象の品物を玄関先で見てもらい、しばらく眺めている業者さん。
ついでに、夫が大分以前に購入して今は使わなくなってしまった「革ジャン」も差し出します。

すると、おもむろにタブレットを取り出して「こんな品物はありませんか?」とのお訊ね。
画面を見るとそこには、貴金属類の画像が並べられています。

ワタシって、貴金属類ってほとんど持ってないしなー。持っているものはどれもヘビロテして使っているものばかり。

「お母様が要らなくなったもの…とかでもいいんですよ」

いやいや、実家の母から譲り受けたものって、無いし。

そんな話を伝えると、
「これだと、10円ですねー」

あらまー。

ま、捨てるよりはマシだ。しかも取りに来てもらったし、自分の手間はほぼかかっていない。

「10円」でも、契約書にサインが必要とのこと。なんか不思議な感じ

かくして、我が引き出物たちは旅立って行きました。

今日の一言

今後は「結婚式」に出る機会はほとんど無さそうですが、また同じような状況に陥った際は、どうその引き出物に対処するか?

また考えることとしよう。

ワタシが今回利用した業者さんはコチラです。
ブランド品や貴金属類だと、ある程度の価格で引き取ってもらえるようですね。

貴金属・ブランド品・不要品高価買取の【USEDサークル】

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら