「あなたらなら、大丈夫」良かれと思って部下さんに伝えた言葉が、実は全然大丈夫ではなかった

広告

こんにちは。女性管理職19年の いくみ(@nesan_blogger)です。

部下さんには全幅の信頼を寄せて、ご本人の専門範囲の業務は極力見守るようにしています。

キーワードは「あなたなら、大丈夫」

ところが、全然大丈夫ではなかったこと。私の失敗談を交えて解説します。

つい伝えてしまう「大丈夫」「できるよね」

部下さんのメンタルケアは、言葉で表されることだけでなく、その奥にある本人の”真なる想い”に寄り添うことって大切です。

なのですが。

特にご本人が日頃から素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれている場合は、つい「あなたなら、大丈夫」って伝えてしまうのです。

とある部下さん、仮にAさんと呼びます。

優秀な部下さんで、いつも活躍してくれていて心から信頼していました。

ある時期に色々業務の負担も重なってそれが続いていたのに

「あなたなら、大丈夫」
「あなたなら、できるよね」

そんな声掛けばかりしていた私。

しばらくしたら、Aさん体調を崩して(メンタル)しまって、お休みが続いて休職となったのです。

「できない」「無理です」と言えなかった部下さん

休職前面談の際に「辛い思いをしていたのに、気付けなくて申し訳ないです」と伝えたところ

「あなたなら、できるよね」等と言われて、それはありがたいのですが、
実際には「いや、できないです、無理です」と言いたかった、でも、言えなかったんです。すみません。

と返ってきて、愕然としてしまいました。

私ったら、なんと配慮に欠けていたのだろう。
よく、体調面で頑張れない人に向かって「頑張って」と言ってはならない、と聞きますが、それと同じことをしてしまっていたのです。

Aさん、本当に申し訳ない。

「『すみません』だなんて…Aさんが謝ることなんてなんにもないです。私の方です」

とあらためて謝罪しました。

本人が「無理です」と自然に言い出せるような言葉掛け

不用意に「あなたなら、大丈夫」という言葉掛けをしないように。もちろん、こうした励ましが必要な時もありますが

Aさんのように、色々重なってきっと大変な思いを抱えているだろう、という場合は

「何か困っていることないですか?よかったら話聴きたいです」

などと、ご本人が「無理です」と自然に言い出せるような言葉掛けが大切。

それでも「別に困っていることは無いです」と返ってくるようなら、しばらくそっと見守っておけば良いのです。

最後にひとこと

Aさんは残念ながら、そのしばらく後に退職してしまいました。

どこかで元気にやってくれているのなら…と、今でも願って止みません。

Youtube

一部上場企業にて女性管理職19年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

アバター画像

いくみ@女性管理職&ブロガー(ねーさん)

ビジネス書著者、講師(女性管理職の専門家)、ブロガー、ワーキングマザー30年。

40歳で正社員復活し、現在は上場企業で19年管理職。「人生100年、仕事やライフワークや色んなことにチャレンジしつつ、めいっぱい楽しもう!」というビジョンのもとブログを始めとして、SNS、メルマガで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。2023年4月初出版『女性管理職が悩んだ時に読む本』好評発売中。

→詳しいプロフィールはこちら

→メルマガ登録はこちら