箱根湯本に行くなら『小田急ロマンスカー』がおススメです

広告

神奈川県箱根町。
芦ノ湖や大涌谷を始め、様々な観光地が楽しめ、なんといっても各スポット毎に湧き出る温泉も魅力のひとつです。

車だと土日祝はとても混雑するので、電車で車窓の風景を眺めながら向かうのも楽しいw

小田急電鉄の特急ロマンスカーは、箱根湯本に行くのには便利です。

ロマンスカー命名の由来

首都圏の私鉄特急電車の名称は、

レッドアロー
スペーシア
…etc.

なんとなく、速そうなイメージ。
方や、なぜ「ロマンス」なんだろう。

終戦後の1949年ごろ、新宿に存在した映画館「新宿武蔵野館」を復旧改装するにあたり、恋人同士が楽しく映画をみられるように二人がけの座席を館内2階に設けたところ、「ロマンスシート」としてマスコミにも取り上げられ、ちょうどそのころに運行を開始した小田急の特急車両が2人がけの対面座席を採用したことから、「ロマンスカー」と呼ぶようになったのが、小田急における「ロマンスカー」という命名のはじまりといわれている。
ーWikipediaより

今から70年近く前のお話。
「映画館とロマンスカー」素敵なエピソードです。

所要時間と料金

新宿から箱根湯本まで、所用時間約1時間30分(停車駅の多少により異なる)
特急料金は1,090円(+乗車料金、ICカードで1,184円)※2019年5月現在
時間もお値段もリーズナブル。

旅の気分も味わえ「車両型」によってはワゴンサービスもあります。

ネット予約や、スマホ利用の「ロマンスカー@クラブ」もありがたい

平日のラッシュ時間を除き、コンスタントに1時間毎で2〜3本くらいが運行されています。
路線も小田急小田原線を始め、江ノ島線、乗り入れをしている東京メトロ千代田線など、それぞれ展開されている。

ネットでのオンライン予約も可能(会員登録不要)

一方、新宿→最寄駅を時々通勤帰りに使ったり、箱根や江ノ島にしょっちゅう遊びに行っているワタシは、会員登録(無料)すれば、予約・購入・変更・決済もスマホでの操作のみでチョー簡単な、ロマンスカー@クラブを利用しています。

色々な車体があります

今回ワタシが乗ったのは、行きはMSEという、ブルーの車体。アイキャッチに使いました。
車内のインテリアも茶色を基調としてシックです

帰りは、ピンクゴールドのEXE。
平日の夜に、主に通勤客をターゲットとして運行されている「ホームウェイ」でよく見かける車体です。

その他にも、白地にオレンジラインのVSE、
シルバーメタリックのEXEα。

2018年春のダイヤ改正で、真っ赤な車体「MSE」もデビュー。

さまざまあって、楽しめます♪

箱根登山鉄道

芦ノ湖近辺に行くには、箱根登山鉄道やロープウェイを利用する必要がありますが、車の大渋滞よりも快適です。
箱根登山鉄道の新型車両が、ちょうどホームに停車していました。

今日の一言

手軽に箱根観光を楽しむのに、小田急ロマンスカーは快適。

湯本駅から先、芦ノ湖方面まで足を伸ばすのも、もちろんよいですが、箱根湯本駅近辺でも温泉施設や自然の風景があり十分に楽しめます。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら