ネットのアンチコメントはスルーに限る 「楽しい」を優先して、心がけるとよいこと

広告

こんにちは。 SNS・特にTwitterで毎日発信を頑張っている ねーさん(@nesan_blogger)です。

自分が一生懸命に取り組んでいても、残念ながらネット発信に「アンチコメント」はつきもの。そんなときにどう心がければよいでしょう?

Twitterのフォロワーさんから実際に相談をもらったことをご紹介しつつ、心がけるとよいこと。

キーワードは「楽しいを優先する」です。

なぜ、私はSNSの毎日発信を頑張っているのか

まずは、なぜ、私は毎日発信を頑張っているのかというと。

リアルで会ったことのないフォロワーさんたちと交流できるのが楽しくて、実際に日々の中で辛いこと苦しいことがあっても、年齢性別とか職業とかの属性関係なしに、お互い”素の自分どおし”で励まし合えるのが、楽しくてしょうがないからです。

もちろん、どう発信するかは人それぞれ自由だから、どんな内容でもよい。

ただ、せっかく勇気を奮ってネットの海に自分の言葉を発するのならば、どこかの誰かの何かの役に立つことができたらハッピーだし、それこそがネット発信の醍醐味だと私は考えています。

だから、頑張るのです。

純粋にこれだけを目指してやってきて、この記事を書いている2022年3月時点で、ありがたいことに多くのTwitterフォロワーさんと繋がることができました。

アンチコメントにあったときはスルーに限る

幸い、これまでほとんど「アンチコメント」に遭うことなく過ごせていますが、何かを特別に工夫しているわけではなく、たまたまなのでしょう。

フォロワーさんから「アンチコメントがついて悩んでいる」という相談をもらってあらためて気づいたことがあります。

それは【アンチコメントはスルーに限る】

もともとのフォロワーさんのツイートを私がリツイート(シェア)していたのですが、ある人がそのフォロワーさんに対して否定的なリプ(返信)をしていたようで、私に相談をくれました。

アンチコメントしてくるのって、おそらく「返信」を期待しているのに違いないから、スルーで交わすのがいちばん。
それでもどうしても気になるようなら、ツイートそのものを削除することもひとつ。

フォロワーさんには、そうした点をお伝えしました。

楽しいを優先する アンチコメントに遭って悩んだときのポイント

とはいえ。

実際にアンチコメントを目の当たりにしたら辛いもの。悩んだときにどうすればよいか?と言うと「楽しいを優先する」

コレを発信したら楽しい。そのことだけを気にしておけばよいのです。

逆に「こんなこと発信したら、もしかしたらアンチコメントがくるかもしれない…」と心配になってしまうようだったら、発信しないでおくのも一考。

楽しいを優先するか?心配を優先するか?

私はいつも前者を選んでいます。

最後にひとこと

その後、フォロワーさんから報告をもらいました。

「ツイートそのものを削除しようか悩んだけれど、私が伝えたいと思ったことを消すのは嫌だから、そのままにしておきます」

”楽しい”を優先するともに、”伝えたい”を優先することも大切です。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら