『100歳までの人生設計』 朝日新聞_2018年1月7日「GLOBE」

ワタシのテーマである、100歳ライフ。
本日の朝日新聞、毎月第1日曜日に折り込まれる「GLOBE」の特集でも取り上げられていました。

気づいた点についてご紹介させていただきます。

シンガポール

世界のどの国よりも高齢化が進んでいるといわれている日本。
ところが、シンガポールでは「超高齢化社会」への道を日本をはるかに上回るスピードで駆け上がっているそうです。

記事によると、2016年には12%だった65歳以上の人口が、2030年には24%に倍増する見通し。
日本で22年間の道程であったこの「倍増」プロセスは、シンガポールでは14年で果してしまう可能性があり、2050年には3人に1人が高齢者になるといわれているそうです。

これに対し、シンガポール政府は、就労サポートのみならず、「50代からの心構え訓練」「経済的支援策」などのさまざまな取り組みを行っているようです。

ワタシも多少なりとも100歳ライフに向けて学んでいる点もあるので、シンガポールのように周りの方々を巻き込めるようになりたいな。…と思いました。

各国の様子

ご存知の方々も多いかと思いますが、アメリカでは「定年制」というのは撤廃されています。

フィンランドでは、”一人暮らしになっても人間関係を維持し、孤立させないようなコミュニティ作り”を公的機関が支援しているようです。
また、「パルへホフト」という、いわば”高齢者版里親制度」という取り組みも始まっているとのこと。

100歳ライフには、
生活をしてゆけるだけの経済性
孤独にならないこと。
この二点がやはり大切なのですよね。

生物学的な寿命は55歳?

一方、東大分子細胞生物学研究所の小林武彦教授のインタビューも載っています。
「私は遺伝的に定められた人間の寿命は55歳程度ではないかと考えます。なぜならこの辺りから癌で亡くなる人の数が激増するからです。」
「55歳以降の人生は、公衆衛生や栄養状態の劇的改善、医学の発展などの、文明がもたらした生だといえます。」

こういう時代に生きていること、発展されている文明にあらためて感謝です。
心と身体と脳と。健康を保って長生きしてゆく。俄然ヤル気が増してきました(笑)

今日の一言

新聞の特集で、様々な気づきをいただくことができ、ありがたいものです。
これからも100歳ライフに備えて、学んで、実践して、そして是非周りを巻き込んで。
先頭に立ってるおばあちゃんを目指すぞー!

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら