渋谷駅前読書大学(シブ読)に参加 ゲストの西澤ロイさんにあらためて教えてもらったこと

広告

東京都渋谷区のスクランブル交差点に面している「大盛堂書店」さんで開催されている、渋谷駅前読書大学(シブ読)

昨日は、『イングリッシュ・ドクターのTOEIC L&Rテスト 最強の根本対策PART1&2』が発刊されたばかりの西澤ロイさんのトークショーに参加しました。

シブ読

書店で著者さんを招いての、誰でも参加フリーのイベント。
著者さんと交流できたり、質問に答えていただけたり、サインをしてもらえたり…嬉しい企画です。

ファシリテーターは、年間1,000冊以上の読書を楽しまれていという、”本のソムリエ”団長
ロックバンド”一里塚華劇団”のボーカル&ギターを担当されているミュージシャンでもあります。

団長の軽快なトークとゲストさんとの掛け合いも楽しい!

日本人は「そのまま取り入れる」ことが苦手

ワタシもさっそくこの書を読んで学習を始めています。

トークショーでさらに、大切なことを教えてもらいました。

  • 日本人は物事をそのまま取り入れるのが苦手で、取り入れて独自なものに変換してしまうのが得意。
  • 英語を聞いたときも、語彙を脳内で「推測」したり「意訳」したりしようとする変換癖がつい出てしまう。(西澤ロイさん名付けて「左脳リスニング病」)
  • そうではなくて、聞こえてきたものを素で受け止めて、そのまま喋ってみる(シャドーイング)ように心がけると、真の英語を習得していくことができるようになる。
  • この「素」と、「変換」を、時と場合によって自由に出し入れできるようになるとよい。

とても心に響きました。

「出し入れ」。自由にできるように意識していきたい。

今日の一言

トークショーに参加して、あらたな気付きをいただける。
本当にありがたいものです。

サインもしていただきました。
西澤ロイさんのサインは、いつも素敵なメッセージを添えてくれます。

なお、『イングリッシュ・ドクターのTOEIC L&Rテスト 最強の根本対策』は、リーディング問題であるPART5について、続編として来月末に発刊予定だそうです。めっちゃ楽しみ!

西澤ロイさんの巻頭インタビュー記事が載っている、英語学習雑誌の「CNN ENGLISH EXPRESS」2月号もとても参考になります。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら