いつもとちょっと違うカレーにしたいときオススメ【チョー簡単 鶏ミートボールのカレー】

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー28年のねーさん (@nesan_blogger)です。

カレーは働く母にとっては強い味方のメニューですが、ついマンネリ化してしまいがち。

ねーさん

いつもとちょっと違うカレーにしたいなぁ

そんなとき料理番組にヒントをもらって作るようになったのが「鶏ミートボールのカレー」

好きな野菜をトッピングして食べるのもオススメポイント。

作り方はチョー簡単。ご紹介します。

チョー簡単 鶏ミートボールのカレー ポイント

まずはこのメニューのポイントについて。

ココがポイント

  • ちょっと変わったカレーが楽しめる
  • 好きな野菜をトッピングすることで、肉と野菜をバランスよく摂れる
  • トロミの多いカレーまたはスープカレー、どちらでもOK

ミートボールにする肉は鶏モモひき肉がいちばん相性がよいですが「肉団子」を作るのは少々面倒くさい。

その点も「チョー簡単」にアレンジしちゃいました。作り方のところで説明しますね。

チョー簡単 鶏ミートボールのカレー 材料と作り方

材料

トッピング用の野菜(我が家ではパプリカ、オクラ、ナスを使用)と煮込む用の野菜(タマネギ、にんじん)、鶏モモひき肉、カレールウ、最初に野菜を炒めるときに使うニンニクスライスが材料です。

野菜は、それぞれのご家庭でお好みのものを使ってください。

作り方

まずはタマネギとにんじんを切る。トッピングの野菜を邪魔しないよう、小さめにするとよいです。

鍋にオリーブオイルを敷いて、ニンニクスライスを手ちぎりして散らす

ニンニクが焦げないように弱火にして、タマネギとニンジンをしばらく炒める

水を投入。ルウのパッケージに量が書いてありますが、測るのが面倒くさいので「鍋にこれくらいの高さ迄作ろう」という水量にします。ルウは少しずつ調節しながら加えていけばよし。

水を入れたらすぐにインスタントコーヒーの粉を少々加える。隠し味としてオススメ。

次に、鶏ミートボールの準備。最初の段落でお伝えした「チョー簡単アレンジ」です。

パックに直接、料理酒・塩・コショウを加えて

スプーンでよく混ぜて冷蔵庫にいったん戻す。このスプーンは後で鍋に入れるときにも使います。

タマネギとニンジンが柔らかくなってきたら、鶏ひき肉をスプーンで適量すくって鍋に落とし入れる。あまり小さいと煮崩れてしまうので、やや大きめにしてください。

さらに10〜15分ほど煮込むと肉に火が通るので、そこでいったん火を止めてルウを入れます。
かき混ぜるときに力を入れすぎると団子が崩れてしまうので、ご注意を。

その後、再び火にかけてルウが溶けたら煮込み完了です。

一方、トッピング用の野菜も煮込みが終わるまでに仕込んでおきます。


パプリカとオクラは食べやすい大きさに切り、電子レンジ500Wで50秒ほどあたためて下ごしらえ。

「野菜のせカレー」の料理レシピなどを見ると「素揚げ」してあることが多いですが、カロリー過多が気になるので、フライパンで「素焼き」

先にナスを焼いておいて、レンチンしたパプリカとオクラをさっと(1分くらいで十分)炒め合わせます。

あとはお皿に盛り付けて完成。我が家はナン(市販のものを利用)で食べることが多いですが、もちろんご飯にも合います。

なお、ポイントの3つ目でお伝えしたとおり、このメニューはルウの量でトロミを調節して、スープカレーにしてもOKです。

最後にひとこと

母がよくカレーを作るときに「カレーはサラダを付け合わせると栄養万能なのよ」と言っていたものです。

私もカレーを作ったときは、グリーンサラダなどを付け合わせて食卓に出していましたが、このメニューだとサラダ要らずでいいのも助かります。

よろしければぜひお試しください。

ねーさん

簡単に作れるのが嬉しいわぁ

息子

このカレーもなかなかイケる〜

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら