年賀状 今回からなんだか腰が引けちゃった そろそろやめようかな

SNSやブログを本格的に活用するようになった昨年。
今回はことさら、年賀状書きのヤル気がおきませんでした。

学生時代の久しく会ってない友人や、遠くの親戚との交流にはよいのだけれど、今後はそれだけにしぼってしまうか、やめてしまうかを思案しています。

年賀状ソフト

とくに、出ばなをくじかれたのが、Win7で使っていた年賀状ソフトが、今のPC、Win10には対応しておらず、買い替えなければならないこと。
けっこうな人数の住所データも移し替えねばならないし、何より、あらためて買うのが億劫。

仕方なく、ほぼ壊れかけの古いPCで、だましだまし作成。途中ですぐにフリーズしてしまうので、イライラしながら、夫の分とあわせて70枚程度の年賀状/表面・裏面の印刷に、ほぼ半日がかりです。

年賀状の減少

インターネットの普及にともなって、紙のお手紙というのが、やはり減少してしまうのは仕方ないのだと思います。

日本郵便は31日、2018年用の年賀状の当初発行枚数が25億8600万枚と、17年用よりも9%減ると発表した。減少は7年連続で、07年の郵政民営化以降で最も少ない。
(2017/8/31、日本経済新聞の記事より引用)

ピークは、2003年の44.6億枚とのこと。それから半分近くに減少しているのですね。

「嵐」が一生懸命宣伝してるけど、ワタシもどんどんフェードアウトな気持ちになっちゃっています。

SNSは心温まることたくさん

やっぱり紙媒体じゃないと…てな意見もあるかもしれませんが、ワタシはむしろその逆だと感じています。

タイムリーに双方向通信ができるし、いいね!やコメントをいただけるのも、とてもうれしい。だからこそ難しい点もあるかもしれませんが、”ハートウォームな媒体”だと、ありがたく利用させてもらっています。

一方、ワタシの年賀状は、専用ソフトで作成して機械的に何枚も印刷して、ちょこっとだけ一言手書きで書いて(たいてい、「元気ですかー?」程度な一言)…なんか、こっちのほうがよっぽど無機質な感じがします。

なので、いっそう、「紙の手紙」というものに、魅力をおぼえなくなっちゃったかもしれません。

作成にも一苦労でしたが、今までは元旦の朝いちばんにポストの年賀状をピックアップするのが楽しみだったのが、マンション1階の集合ポストに見に行くのも億劫で、この時間になっても取りにいかずじまいです。

今日の一言

これまでずっと年賀状のお世話になってきたことは感謝ですが、苦痛になってしまっては元も子もありません。
来年からは、ちょっとやり方を変えよう(やめる、または、枚数を少なくする…etc.)と思っています。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら