2019年2月 日の入りが少しずつ遅くなってきた もうすぐ「節分」「立春」「旧正月」

広告

今日は2019年2月1日。
ここ一週間くらい前から、日の入りが少しずつ遅くなってきたと感じます。

職場窓から見える、いつもの東京湾夕景。
この写真は本日17時過ぎに撮影しましたが、まだ明るさが残っている。
12月頃はこの時刻はすでに真っ暗でした。

日の出・日の入りを観測している「国立天文台暦計算室」のHPを見に行ってみます。
東京(東京都)のこよみ 平成31年(2019) – 国立天文台暦計算室


(国立天文台暦計算室資料より引用。赤枠左が1月の日付、右が日の入時刻)

毎日チョコっとずつ伸びてるのねー。

昨日、1月31日は、都内にもチラっと降雪があったけれど、今年の冬は雨も雪もほとんど降らないなー。
昨年、2018年1月22日は大雪だったのに。

ところで。

2月は「旧正月」ってよく耳にするけれど、それってなんだっけ?よくわかっていませんでしたので、あらためて調べてみました。

旧暦と新暦

現在の日本では、明治5年まで使用していた太陰太陽暦の天保暦を指して「旧暦」と呼ぶとき、現在使用している太陽暦であるグレゴリオ暦を指して「新暦」と呼んでいる。
―Wikipediaより引用

現在のカレンダーは、明治時代以降に導入された「グレゴリオ暦」なのですね。

節分

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。
江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。
―Wikipediaより引用

2019年は2月3日(日)

旧正月

旧暦における「立春(この日から年が改まるといわれる)」とその数日間をこのように呼ぶ。立春の日は年によって代わり、2019年は2月4日(月)

中国ならびに中華圏では、この立春の翌日が「春節」となり、いわゆる元日。
数日間が祝日となっているため、よくこの時期に、中国方面からの旅行者がいらっしゃることが話題になります。

ふむふむ。

2月の月初は、大切な日が続くのですね。
そして、その後春へと向かってゆく。

それぞれの日がもつ意味が分かって、さらに楽しみになってきました。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら