仕事の倦怠期を感じたときの対処法 ポイントは1つ「この仕事は自分の信念に合っているか 」女性管理職15年&ワーママ28年の私からお伝え

広告

こんにちは。女性管理職15年&ワーママ28年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

部下さんから相談を受けました。
「この仕事をずーっとやってきて、このままでいいのか?って最近悩んでいて。仕事の倦怠期ってあるんですよねー。ねーさんはどうやって乗り越えてきたんですか」

そんなときの対処法。部下さんにアドバイスしたことも含めて、私の経験をお伝えします。

仕事の倦怠期を感じたときの対処法

まずは結論から。

仕事の倦怠期を感じた時の対処法。そのポイントは1つ。

この仕事は自分の信念に合っているか

合っているのなら、山あり谷ありな状況でも続けていけばよい。
合っていないのなら、新たなフィールドを探せばよい。

具体的に、部下さんとやり取りをした経緯についてをご紹介します。

仕事の倦怠期 部下さんの悩み

この部下さんの悩み。話を聴いていて要約すると主に以下の3つです。

  1. ずっとこの仕事をやってきて、結婚・出産で形を変えながら続けつつも頑張ってきた
  2. 子どもがある程度成長してきて、ふと、このままでいいのか?と思い始めるに至る
  3. この先、どうすればよいのか

それに対して私がアドバイスしたことを書きます。

ずっとこの仕事をやってきて、結婚・出産で形を変えながら続けつつも頑張ってきた

まずは、この仕事を長くやってきたことの労をねぎらう。

途中、結婚・出産で働き方やご自身の環境変化があったり、何度も悩みに遭遇していた様子を私自身も上司としてだけでなく、ワーママの先輩としてサポートしてきました。

気づけば20年。

もう「マイスター」の域に達しているのだから大いに誇ってね。と伝えました。

子どもがある程度成長してきて、ふと、このままでいいのか?と思い始めるに至る

そうやって走り続けてきた彼女。お子さんが小学校2年生になって、かなり自分自身に使える時間も増えてきて。

ふと、このままでいいのか?って思い始め、倦怠期ってあるんですよね…って相談してきてくれました。

子どもが小さい頃は家事育児との両立に精一杯で、小学校入学したらまた新しい悩みに直面して。
2年生の頃って、ちょっと心に余裕が持てるものです。

私もおんなじような状況で悶々していて、思い切って今の勤務先に転職したのが、ちょうど息子が小学校2年生のときでした。

一方彼女は新卒さんからずっと我が社で貢献してくれて、その途中でこの「悶々」に遭遇。

「小学校2年生のワーママの壁、って確かにあるよね。でもきっとみんな似たような経験していると思う」

自分の経験を思い出して、あらためて気づきました。

この先、どうすればよいのか

おそらく、彼女の「倦怠期の悩み」はそんな私のアドバイスでも、きっとなかなか解消されないのでしょう。

「ねーさんの経験を教えてもらってありがとうございます。でも、この先どうすればよいのか?解らないんです」

いいのいいの。

他人の経験は、ふーん、なるほど。って聞き流してもらって、どこかポイントが感じられそうだったら、参考にしてもらって。

全く新しいことにチャレンジするもよし。今まで守ってきたことをさらに続けていくもよし。

ただ、何を軸にして考えるとよいのか?ってことは「この仕事が自分の信念に合っているのか
この一点だけでいいのよ。

いちばん伝えたかったのはこのことです。

私の「仕事倦怠期」について

今回の部下さんからの相談で、あらためて自分の「仕事倦怠期」について振り返ってみます。

前の段落でも書きましたが、子どもがある時期まで成長したときに、ふと思い立って転職を決意して、その後はずーーっと走りっぱなし。

とくに私は"フルタイムワーママ"って何かと難しいことが多い時代を過ごしてきたので、働けること自体が嬉しくってしょうがない。

倦怠期どころじゃありません。

しかし、あるとき突然その時期はやってきました。詳しくは端折らせてもらいますが、現勤務先で入社以来情熱をもって取り組んできた事業がクローズになってしまったこと。

あまりに悔しくてその後しばらくは「キーーッ」っていうばかりな日々でした。

でもふと、冷静になってみたときに。

仕事内容は変化を強いられたけれど、携わっているこの業界そのものが自分の信念にフィットしていて。

まだまだやれることあるに違いない…って堪えていたら、新たなプロジェクトや新たなやりがいが見つかって、そして今に至ります。

人それぞれに、その悩みと遭遇する時期はまちまちかもしれません。

最後にひとこと

部下さんが最後にボソッと言っていたこと。

「私、この仕事もう20年やっているって、けっこう凄いですよねー」

悩んでいる相手に「頑張ってね」って言うのはあまり好きじゃないから、「そう、あなたは凄いんだから」って返しました。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら