ブログ更新で「この記事、読まれないです」と言われて気づいたこと SNSでのシェアもSEO対策も大切

広告

こんにちは。ブログ毎日更新をがんばっている ねーさん(@nesan_blogger)です。

記事を書いたら、必ずSNS(Twitter、Facebook)でシェアするようにしていて、フォロワーさんたちからコメントをいただけたり、引用してもらったりがとても嬉しい。

ところが、あるひとから指摘を受けました。

「この記事、読まれないです」

なぜそう言われたのか?そして、何を気づいたのか?

ご紹介します。

「この記事、読まれないです」と言われた理由

まずはその理由について。

今回意見をもらったのは、SEO対策の専門家さん。

「この記事、読まれないです」と言われて私が答えたことは「SNSでシェアしたら、フォロワーさんたちからいいね!ってもらえたんですが…」

すると、その専門家さんが言います。

「SNSでいいね!ってもらえても、そこで終わりです。
ブログ記事というのは、検索されてナンボの世界。フォロワーさんはきっと、ねーさんそのものに共感してコメントくれるのでしょう。でも"検索の海原"ではそれは通用しないのです」

フォロワーさんのためにも、さらに自分が努力すべきこと

正直、ムッとしました。

私にとってSNSのフォロワーさんは宝。フォロワーさんからもらえるコメントやいいね!も宝です。

それを否定されたようで、とても悲しい気持ちになった。

しかし、客観的に捉えるようにしてみます。

確かに、フォロワーさんとは日頃の投稿やり取りで交流させてもらっていて、私の記事そのものよりも、私という存在を応援してもらえていることが多い。

一方、検索の世界では、全く見ず知らずのひとたちを相手に、私の経験や思いをお伝えするのには「キーワードが命」

とくにブログのタイトルにその点を明確化できていなかったことが多い。フォロワーさんたちの名誉のためにも、あらためて私が努力すべきこと。

それは「キーワードの明確化」なのだと腑落ちです。

「キーワードの明確化」とは?

SEO対策でよく言われる「キーワードの明確化」

頭では理解していたつもりでも、実際にはできていませんでした。

例えば、以下の記事。元々のタイトルは「ムッとしたときの対処法『逆さまで考えてみる』…」といったものでした。

自分の思いをつい、ストレートに伝えようとしてしまい「何を言いたいのか、このタイトルでは解りづらい」とのご意見。

あらためて、自分が何を伝えたいのか?キーワードで書き直してみます。

「ムッとする→怒り」「逆さまで考えてみる→相手の立場で考えてみる」
そして、自分のこれまでの経験から感じたことを表すために【女性管理職15年】を付け加えました。

思いは思いで大切にとっておいて、だけれど、客観的に伝えるのにはより「記号化・明確化」することが大切なのですよね。

SNSでのシェアもSEO対策も、大切

ブログを書いてSNSでフォロワーさんにシェアすることは、もちろん大切。

書いただけでは検索からいつ読んでもらえるのか解らないけれど、フォロワーさんたちはシェアしたら、すぐに読んでもらえることも多い。ありがたいものです。

ただ、これまでの私はそこで満足してしまっていて「検索の海原」のことまであまり考え及んでいませんでした。

「SEO対策」と捉えてしまうと、とかく否定的に思えてしまいますが、私を知ってくれているひとと、これから知ってくれるであろうひとと。

SEOとは、後者のひとたちへの必要な工夫なのだとあらためて気付きました。

どちらもおそろかにしないよう、これからも頑張っていこう。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら