【コンビーフのチョー簡単サラダ】缶詰素材にちょっとひと手間加えて 非常時でも役立つ

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー27年 ねーさん(@nesan_blogger)です。

2020年のパンデミックで、毎日のオカズを安定作成するのが難しい可能性がある状況。

そんなときに助かるのが「缶詰素材」
非常時だろうが平常時だろうが、いつも手抜きクッキングのことしか考えていない私(笑)

今回は【コンビーフのチョー簡単サラダ】をご紹介します。

コンビーフのチョー簡単サラダ 材料

「コンビーフ」って、缶詰素材の定番でもあります。

昨今はプラ素材のコンビーフがあって便利。私は明治屋の「脂肪の少ないコンビーフ脂肪分50%カット」を愛用しています。

冷蔵庫にあるテキトーな残り物を合わせてサラダに。今回は、レタスとミニトマトと玉ネギの切れ端。

コンビーフのチョー簡単サラダ 作り方

コンビーフのパックを開けて、テキトーに菜箸でほぐしてボウルに入れます。

残り物の玉ネギをスライス。プチトマトは小切りにして和えます。

調味料もテキトー。

オリーブオイルと塩、ブラックペッパー、レモン果汁。元々の素材にそれなりに味がついているので、さほど味付けしなくてもOK。

ココがポイントコンビーフにレモンの酸味がベストマッチ。ぜひオススメです。

空容器はこのまま「プラゴミ」に捨てることができて便利です。

コンビーフのチョー簡単サラダ 実食

できましたー。所要時間:5分程度です。

そのままオカズで食べてもいいし、パンなどに挟んでも美味しいです。

最後にひとこと

便利な缶詰素材。何かと役に立ちますが、ひと手間かけるとさらに楽しめます。

明治屋の「脂肪の少ないコンビーフ脂肪分50%カット」Amazonでまとめ買いも可能。消費期限も3年間近くあって保存食としても便利です。

チョー簡単だけれどソコソコ美味しいレシピ。ワーキングマザーの簡単cookingカテゴリーで色々書いています。

よろしければお読みください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら