【くらこん塩こんぶ減塩】化学調味料無添加、食塩40%カットが嬉しい 副菜のトッピングやおつまみにも最適

広告

こんにちは。「塩こんぶ」が好きでしょっちゅう買っている ねーさん(@nesan_blogger)です。

しかし、なかなかに塩分が多いのが悩みのタネ。化学調味料の添加有無も気になるもの。

そんなときに「減塩40% 化学調味料無添加」の塩こんぶを見つけました。
くらこん無添加減塩 塩こんぶ】という商品です。

ご紹介します。

くらこん無添加減塩 塩こんぶ ポイント

この商品は「株式会社くらこん」という、大阪府枚方市に本社のある食品メーカーが製造しています。

まずはそのポイントについて。

ココがポイント

  • 塩こんぶで初めて化学調味料無添加に成功、北海道産昆布と食品素材で作られている
  • 同社製品の「塩こんぶ」に比べて40%の減塩
  • 国立循環器病研究センターの「かるしおマーク」認定

実際に味わってみて、とくに私が「いいな」と思ったのが、とにかく塩分がマイルドで、おやつやおつまみにそのまま食べても十分味わえる点。

もちろん、副菜のトッピングとしても利用できます。

くらこん無添加減塩 塩こんぶ 私の利用法

実際に私の利用法、その一部をお伝えします。

いちばん好きなのが、レンチンしたブロッコリーにこの塩こんぶをトッピングするもの。
マヨネーズとかドレッシングを使わずに、サラダ的に楽しめるんです。

ちなみに、私がしょっちゅう使っている「カット野菜ブロッコリー」ついては別記事で書いています。よろしければご参考に。

その他、卵かけご飯にも合いますし、そのまま食べても全然塩辛くないので、ミックスナッツ(無塩のもの)と合わせるとヘルシーおつまみとしても最適です。

国立循環器病研究センターの「かるしおマーク」とは

ポイントの3つ目に書いた"国立循環器病研究センターの「かるしおマーク」認定"についても合わせてお伝えします。

かるしおとは、国立循環器病研究センターが推奨する「塩をかるく使って美味しさを引き出す」減塩の新しい考え方です。(中略)「かるしお認定制度」とは、食品事業者から申請のあった商品の審査を実施し、美味しさと栄養バランスを兼ね備えた商品に対して「かるしお認定マーク」の表示を認める制度です。
-国立循環器病研究センター ウェブページより引用

国立循環器病研究センターは、人々の健康と幸福のために、循環器病(脳卒中、心不全、血栓症、高血圧症など)克服を目指して予防、治療、研究等に取り組んでいるナショナルセンター。

塩分を控え目にすることが、健康維持にも繋がる。この商品もそんな願いを込めて作られたのだという点も嬉しいものです。

くらこん無添加減塩 塩こんぶ 商品情報と購入方法

1袋30g入で、メーカー希望小売価格165円(税別)※2021年3月現在

私は近所のスーパーでよく安売りしているので手軽に購入できますが、ウェブショップだと楽天で取り扱いがあります。(20袋単位、送料別)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くらこん 無添加減塩 塩こんぶ 30g×20袋入
価格:2980円(税込、送料別) (2021/4/3時点)


1袋あたりのエネルギーは72kcal、賞味期限は購入後10ヶ月ほどあります。

最後にひとこと

日常生活の中で、つい、塩分過多になってしまうことってありがちです。

とはいえ、あまりにも味が薄いと旨味も感じられないもの。

この塩こんぶは「美味しいくて、かつ、塩分控え目」という嬉しい一品です。

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら