新社会人に不安なあなたへ贈る キーワードは「調和と変化」それ以外はどうとでもなる

広告

こんにちは。会社勤め36年&女性管理職16年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

4月。新社会人になるときって不安がたくさんな時期ですよね。
私も同じでした。

これから新社会人を迎えるあなたへ。メッセージを贈ることにしました。

キーワードは「調和と変化」ご紹介します。

「調和と変化」さえ意識して過ごしていけば、あとはなんとでもなる

まずは結論から。

新たな環境、人間関係、将来のキャリアビジョン、学生時代とは異なる毎日の生活スタイル…社会人になるのって、人生の中でもとても大きな変化だから、不安が次々と襲ってくるもの。

でもね。

起こる前から、これから起こるかもしれないことに悩まなくていいんです。

…とは言っても、不安を打ち消すって難しいですよね。
そこで、"何をポイント(キーワード)にしておくといいか"ってことをお伝えします。

シンプルに「調和と変化」この2つのみ

コレを押えておけば、あとはなんとでもなるんです。

さらに詳しく書きます。

「調和」とは

まずは「調和」について。

別の言い方をするならば「コミュニケーション」
ただコミュニケーションするのではなく、上手く物事を進めていくためには「調和」というポイントが必要なので、あえて「調和」と書きました。

しかも、その相手は多岐に渡ります。

利害関係のあるクライアントさんだったり、仕事を委託するベンダーさんだったり、社内の上司・先輩・同僚だったり。

それぞれの立場によってコミュニケーション法の細かな工夫は異なりますが、ここではそのことについては触れません。というより、自分ならではの「コミュニケーション法の引き出し」をたくさん備えていけばよいのです。

仕事とは極論すれば、人間同士が力を合わせて成果を挙げていくということ。

もちろんそれぞれの業務スキルや専門性やら必要ですが、とにかく相手をリスペクトして、お互いに調和を図っていくのが最も大切。

どんなに高い知識や技術があったとしても、調和無くしては成果を挙げることもできません。

「変化」とは

次に、「変化」について。

ちょっと大きなキーワードなので解りづらかったらすみませんが、物事というのは常に一定ではなくて、逆にいうと変わり続けるのは当たり前だということ。

例えば、その会社を選んだときの自分の目標とか、やってみたいビジョンとか、はたまた、会社自体だって事業目標とか中長期計画とか…etc.

最初に決めたことが次に変わっていたってよくって、むしろ変わらないことの方が危機なんだと思っておけばよし。

私なんてお恥ずかしいことに、社会人になるときは「卒業で押し出されちゃうから会社勤めを選んでみた」とか「オフィス街をハイヒールで颯爽と歩くのがカッコイイ」「お給料もらったら好きな洋服や靴を買いたい」とか、そんなちっぽけな目標から始まったものです。

ところが、実際にやっていくうちに「会社勤めしてこの業界のプロを極めよう」「管理職を目指そう」と次々変化と新たな目標が出てきて、何度か転職して。

そして今に至ります。

小さな変化を繰り返して、どこかのタイミングで大きな変化がやってくる…振り返ってみるとそんな36年です。

幹さえあれば、いかようにも作っていける

社会人として、何が学べて何が身につけられるのか?という点においても、この「調和と変化」がいちばん大きいのだとも思っています。

最初は会社勤めから始まって、独立してフリーになったり、起業したり…様々な働き方を目指している場合もあるでしょう。

しかし、どんな働き方であったとしても、どんな職業であったとしても。
「調和と変化」を身につけて、つねに意識していれば、あとはなんとでもなるのよね。

幹さえあれば枝とか葉っぱは、いかようにも作っていけるもの。
失敗なんてしょっちゅう。何回でもやり直すことができるのだから。

とくに2020年以降はリモートでの働き方も増えてきていますが、リモートであろうとリアルであろうと基本は同じです。

新社会人に不安なあなたへ

以上、私の経験から最も大切だと思ったことを書きました。

新社会人に不安なあなたへ。

何よりも新たな旅立ち、おめでとう。
未来はいくらでも拓けているのだから、とにかく毎日を一つ一つコツコツと、そして楽しく過ごすってことを忘れずに。

応援しています。

一部上場企業にて女性管理職15年の私が、あなたの悩み解決をお手伝いします。すでに女性管理職で活躍されている方、これから目指したいと思っている方、女性管理職とともにお仕事をされている男性の方、企業の育成担当者の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら