ボージョレ・ヌーボー 今年もそんな季節なんですね

今年いただいた、ボージョレ・ヌーボー

ワイン大好きなワタシ。

毎年のボージョレ・ヌーボーはとても楽しみです。

そもそも、ボージョレ・ヌーボーっって?

「ヌーボー」は新しいものという意味》その年の秋季に、フランスのボージョレで収穫されたブドウ(ガメイ種)で造られる赤ワインの新酒。 醸造期間が数か月と短く、解禁日の11月第3木曜日を世界各地で愛好家が待ちわびる。

一昨日が、その”解禁日”なのでしたね。

”ボージョレ・ヌーボー”との出会い

今から30数年前、学生時代に友人がワインバーでバイトをしていて、そのお店に伺ったとき。

ちょうど季節は今頃。ボージョレのことを教えてもらいました。

ふつうの赤ワインだとかなり芳醇な味わいが常ですが、ボージョレは瓶の向こう側が透けてみえるくらいの、なんともいえない爽やかな色とお味。

残念ながら、その友人は病気で他界してしまいましたが、このイベントがくるたびに、彼女のことを思い出します。

今年はあまり盛り上がらず?

毎年、近所スーパーで大々的にボージョレ解禁日にはセールスしていたのですが、今年は、ウッカリ解禁日も失念しまったほど、なんともひっそり。

朝刊でも、その、”下火っぷり”が記事になっていたほどです。

季節の折々のイベントとそれに纏わるお店の盛り上がり。
確かに流行り廃りがあるのは、致し方ないのでしょう。

けど、ボージョレの爽やかな味わいは普遍的なのですよねー。

今年もいただきました

ひっそりとした近所スーパーの売り場で、ボージョレの割にはお安い1,000円で購入して、今年も堪能させていただきました。

やっぱり、瓶の向こう側が透けてみえて、爽やかな味わい。
美味いっw

今日の一言

ボージョレ・ヌーボーのあとは、そろそろ年末を迎える頃に至る…。
ちょっぴり切なさもありますが、

秋の深まりに、これからも毎年味わっていけたらいいな。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆会社員のプロ/100年ライフブロガー☆

30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後の100年ライフを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら