東京駅_丸の内駅舎の天井レリーフが美しかった 海外と日本の文化コラボレーションですね

広告

昨日は、「iPhone・本気・写真術」のワークショップに参加してきました。

詳しくは、あらためて記事を書かせていただきますが、
今回も宝物満載。本当に気付きをたくさんいただきました。

写真って素敵。写真をもっと上手になりたい!

昨日は、生憎の雨天だったのがかえってラッキーで、東京駅まで足を伸ばして、撮影とリタッチを実地で学ぶことができました。

たくさん写真を撮りましたが、とても印象深い風景が東京駅丸の内駅舎の天井レリーフでした。

早速アイキャッチに使ってみました。(この写真はリタッチしていませんが、なんとなくこのままでいっかなーという一枚でした。)

最近全面リニューアルされた駅舎。
このレリーフは明治31年の創建時に使用されたパーツが一部使われているそうで、歴史の重みを感じます。

まるでヨーロッパのどこかの街に来たような雰囲気も。
でも、日本らしく、8つの干支の彫刻も施されているようです。

古き良き時代に、海外と日本の文化融合。
とってもロマンがあります。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら