部下さんとの1on1面談 経験があるから向いているのではなく、「チャレンジしてみたら向いていたと分かる」こともある

広告

部下さんとの1on1面談。毎回いろいろな話が繰り広げられるものですが、とある部下さんからは「経験のある業務をさらに掘り下げていきたいから、新しい業務には向いていない」との相談。

そうなのかなー?
私としては思うところあり。

今回はそのことについて書きます。

経験は大事だけれど…

そもそもは前職でも経験ある業務で活躍してもらおうと、入社時は同様の業務を担当していた部下さん。

ただ、しばらくすると「経験があるゆえか」かえって、当社のやり方とズレが出てきてしまい、上手くいかないことが増えてきた。

彼の直属上司からも「新たなフィールドで活躍してもらうのがよい」との相談があり、別の部署に異動してもらっていました。

「経験」がともすると逆に作用してしまうこともあるのです。

新しい業務にチャレンジすることの意義

誰しも、経験のある業務には愛着もあるし、自信も持てる。

私もそうでした。15年くらいずっと同じことをやっていたのだけれど、突然違う業務にアサインされたときはかなり戸惑いました。

向いていない。元の業務に戻りたい。
最初はずっとそんなふうにグルグルしていたものです。

でもね。

人生って長い。社会人生活も長い。
新しい業務にチャレンジすることで、自分が知らなかった可能性を探ることができるかもしれない。
自分がこれに向いていたと、あらためて分かるかもしれない。

引き出しをいかに増やせるか。
会社員であろうがなかろうが、仕事って、そこに尽きる。

全く新しい業務に取り組んできてまだ1年しか経っていない私だけど、そう思えるよ。

アドバイスをしてみます。

それでも、まだ戻りたい気持ちが拭えない

そんな対話をしていくものの。
ご本人「以前と同じ業務に戻るために、部署を変わりたい」と言います。

なるほど。

たださー。会社って「この部署に行きたい」って思っても、その通りにならないこともあるよね。
みんなが主張し始めちゃったら、収拾つかなくなるもん。

まずは新しい仕事をやってみて。
次の部署に変わるチャンスが絶対無いわけじゃないから、その時を待ってみたら?

必要な調整があれば、もちろん私もサポートするし。

それでもなんだかまだ言い足りない様子でしたが、ダラダラ続けていても1on1の意味が無いので、今回はここで終えることにしました。

今日の一言

部下さんそれぞれによって、その時に抱えている課題は千差万別。

1on1面談は繰り返しおこなうことが大切なので、次回のときに以前のトピックスを忘れないように。
そして、その後、考えがどう変化していったかを確認しよう。

ある意味、部下さんと私との「綴れ織りの軌跡」とも言えるかな。

これまでの「1on1」についての記事もよろしければご覧ください。



私がいつも参考にしている書はコチラ

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら