国立公文書館 『平成』発表時の書を見ることができる お土産にクリアファイルも買えます

広告

平成の次となる元号が発表されました。
「令和」(れいわ)
『万葉集』から引用されたとのこと。どこか雅やかで響きもいいなー。

一方、現在の「平成」はというと、
『史記』(中国の歴史書)五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」
『書経(中国古代の歴史書)』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」から引用されたとのこと。

1989年1月7日から、2019年4月30日まで。30年3ヶ月に渡る一時代。

新元号発表時に「書」で表したのは、この「平成」から始まったようですが、そのスキャン画像を『国立公文書館』で見ることができると知り、さっそく訪れてきました。

国立公文書館

ここは、日本政府の付属機関等から移管された歴史資料など重要公文書を一般公開している施設。

従来、各官庁の公文書はそれぞれの官庁で保管されてきたが、公文書を保存し公開するため江戸幕府以来の古文書・古書を含む内閣文庫の所蔵資料を移管して 総理府の附属機関として東京都千代田区北の丸公園に国立公文書館を1971年(昭和46年)に開館。
ーWikipediaより引用

「竹橋交差点」のところに標識。国立近代美術館と隣接されています

ゆるやかな「紀伊国坂」を上ってゆく

ちょうど桜の季節で、桜の木がお迎えしてくれました

エントランス

「平成」の書

国立公文書館には「平成の書・原本が保管されているが、普段は閲覧ができずスキャン画像が公開されている」とネット記事で読みましたが、この度の改元に伴い、特別に原本が展示されていました。


※展示期間:2019年4月6日〜5月12日までの予定

スキャン画像もイベントのある際に展示されるようで、常設ではないとのことです。

なお国立公文書館内にあるショップでは、スキャン画像を元にしたクリアファイルが販売されていて、
お土産に買って帰ることに。税込で300円です。
施設入り口のところで桜を背景に、パシャリと撮ったものをアイキャッチにしました。

国立公文書館東京本館 施設情報

所在地 東京都千代田区北の丸公園3番2号
電話番号 03-3214-0621(代表)
開館時間 午前9時15分から午後5時まで(ただし、閲覧室への入室は午後4時30分まで)
休館日 日曜日、月曜日及び祝日、年末年始(12月28日から翌年の1月4日まで)
アクセス 東京メトロ東西線竹橋駅下車(1b出口)徒歩5分
入場料 無料
Webページ 国立公文書館

 

茨城県つくば市にも分館があり、そちらでもクリアファイルの購入可能とのことです。
国立公文書館本館アクセスマップ:国立公文書館

ちょうど、平成31年春の特別展「江戸時代の天皇」が開催中でした

今日の一言

新元号発表のニュースを聞くまで、この施設のことは知りませんでしたが、おかげで過ぎ行く平成の名残を楽しむことができました。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から883記事連続、毎日更新中。(2019年3月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら