『残業ゼロのノート術』 石川和男 著 残業を減らしてオフの時間を有効に使う。そのためにノートを使って工夫する法

広告

建設会社総務経理担当部長/大学講師/時間管理コンサルタント/セミナー講師/税理士/ビジネス書作家、6つの肩書きをもつ、"スーパースラッシャー"石川和男さん。

2019年3月新刊の『残業ゼロのノート術』は、そんな石川さんが自ら実践してこられた「時間の有効活用法」について「ノート術」という切り口から語ってくださっています。

単に「残業をやめよう」というのではなく、
"人生とは、時間。気づかぬうちにドンドン過ぎてゆく。だったら、自分のために、オフの時間も充実して過ごそう"そんなメッセージが込められているのです。

まずは「残業のメカニズム」について

第1章では、残業はなぜ起こるのか?その「メカニズム」について。
そして、どのような弊害があって、防止するための良い方法とは?…身近なエピソードを交えて解説してくれます。

例えば、

  • 残業は人間関係を狭めてしまう
  • 21時以降は酔っ払っていながら仕事をしているのと同じ?
  • 「すぐやる」が仕事を遅くしている!

…などといった点。

確かに「残業をするための毎日」みたいに陥ってしまいがちです。

それを防止するためには、

  • 何事にも「〆切をつくる」というのが有効

大きなタスクでも「〆切」を細切れに設定することで、ひとつずつクリアにできるのですよね。「〆切」を設定しないから。結局ダラダラ残業エブリデイになっちゃうのだ。

ノート術

第2章では、これらのメカニズムを踏まえて。
石川さんが実際に活用していらっしゃる「ノート術」について、具体的なその方法を教えてくれます。

タスク管理をおこなうのに、メモに書き出す、付箋紙に書いて貼り出す・・などの方法がありますが、
ワタシはもっぱら「付箋派」でした。

しかし、付箋は終わったら剥がして捨ててしまうから、後で振り返れないし、しょっちゅう眼につくから、かえってそのことにとらわれてしまいがち。だからこそ「ノート一冊」を使うのがよし。

確かにおっしゃるとおりだわ。

石川さんは、ふつうの「B5版キャンパスノート/横罫線35行」を愛用されているそうです。
そして毎日、仕事のコアな点だけでなく、雑用も含めて行ごとにタスクを書き出してゆく。1コのタスクを処理する所要時間の目安は15分。

そんなふうに書き出して、時間を区切って、できたできないのチェックをして。とてもシンプルです。

ワタシも、脱付箋→ノート一冊に、切り替えてみよう。

時間を有効に使うためには?

その後第3、4章では、この「ノート術」を活用して、自分だけでなく、職場のチーム全体としても、どのように時間を有効に使っていくか。ユニークなフレーズを交えて教えてくれます。

  • アイスピック仕事術
  • ホラー映画仕事術
  • ルパン三世仕事術
  • 銀座のクラブ仕事術

…etc.

オモシロイなーー。めっちゃ引き込まれます。
単に「コレをああヤりなさい」と紋切り調で押し付けられるより、こんな表現だったら、ぜひやってみたいと思うものです。

いちばん大切なこと。それは、創成された時間を何に使うか?

残業をせずに、オフの時間が創成できた。いちばん大切なことは、それを何に使うか?
終章では、せっかく作り上げた"時間という資源"を、ぜひ「自分の学びや夢の実現に使おう」と説いてくれます。

人生とは、時間。

ビジョンや夢にも、細分化して〆切を設けて。仕事と同じようにノート術を活用してゆくときっと叶う。
石川さんはそうして、ご自身のビジョンや夢を、多くの書籍を世に出してくださいつつ、実現してこられた方なのです。

出版記念セミナー

読書に加えて、2019年3月20日に出版記念セミナーが開催され、石川さんのお話を直にお聴きすることができました。
セミナーでは「とくにお伝えしたい3つのポイント」として、以下を挙げてくれます。

  1. 細分化(アイスピック仕事術)→溶けた氷は、カタマリに比べて対処がし易い
  2. 5秒の法則(ホラー映画仕事術)→言い訳を考える余地なく、5秒以内に取り組んでしまう
  3. ピンチをチャンスに変える(ルパン三世仕事術)→ピンチこそチャンスだ。ルパン三世はそうしていつもチャレンジしている

時間は有限だから。とにかく行動あるのみ!

最後に、「今後の展望」について参加者から質問を受けた石川さん。「世の中に役立つ発信を続けてゆきたい」と熱く語られていたご様子が、とても心に響きました。

今日の一言

以前の私は、残業三昧。自宅に帰ったら、必要最低限の家事をして、寝るだけ。そんな毎日でした。

しかし、石川さんをはじめ、さまざまな方々から学びを得るうちに、仕事はなるべく定時キッカリに仕上げ、オフの時間は情報発信(ブログ書きやSNSでの友人との交流)を楽しむことにしました。

すると。

もう定年も間近だというのに、人生が楽しくてしょうがない。
ブログを基盤として、定年後にアレもしたい、コレもしたい・・と考えるだけでワクワクしてきます。

残業三昧だったら、こんな毎日を思いつくことすらなかった。
だから、「残業をしないこと」はとても大切なのだと、あらためて本書を読み実感しています。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から883記事連続、毎日更新中。(2019年3月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら