入学式も卒業式もない息子の大学生ライフ とうとう8年間に幕

広告

息子が2019年3月で大学卒業となりました。

入学したのは2011年4月。
その年の3月11日に東日本大震災が発生し、入学式は取り止めになりました。
そのために用意したスーツも、袖を通さず終い。

その後の大学生ライフ。
あっちの壁にぶつかり、こっちの壁にぶつかり。
途中何度か「退学しようかな」とか、「退学したい」とか、言っていた。

息子の人生だから。好きなようにすれば。
・・と思いつつも
「途中で辞めるのはよくないから」って、私の口からは、引き留めの言葉しか出てこなかったです。

でも、大学に行きたくない。行かない。頑としてゆずりません。
それなら、まずは休学しよう。

そんなことが一回だけじゃなくて、何回かありました。

結局8年間かかり、もうこれが在学できるMax期間でしたが、ようやく卒業が決まった。

卒業式は、もちろん、執り行われたけれど
息子は行きませんでした。

「友人たちは、4年前に卒業していて、ポツっと自分ひとりだけ参加しても仕方ないから」

まあ、そうだね。

スーツは、こんどは、会社に着て行く予定。
袖を通して、おそらく擦り切れるまで着まくって、そのうちオシャカになるのだろうな。

入学式もない卒業式もない、息子の大学生ライフ。

いろいろあったけれど。
きっと、辞めないでよかった。と振り返れると思うよ。

ともあれ。

卒業おめでとう。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら