ヴェネチアで散策 サン・マルコ広場を中心に歩いて回れます

広告

スペイン旅行に続き、イタリアに移動してヴェネチアに到着。
「水の都」と呼ばれるだけあって、海からつながる運河がそこここに広がっています。
さっそく散策しました。

空港からサン・マルコ広場まで

ヴェネチアの玄関口である「マルコポーロ空港」から、街の中心部である「サン・マルコ広場」までは、陸路バスまたは、水上バスが利用できます。
せっかくならば、海路で行ってみようと思い、水上バスにしました。チケットは到着ロビーの専用窓口で買えます。

乗り場は「ブルーライン」船着場近辺に行くと、係の方にチケットを見せて案内に従います

「時刻表」みたいなものは、近くにはありませんでしたが、10分くらい待ったら船が来ました

出帆後は、比較的ゆったり運航。お目当の「サン・マルコ」まで、40分くらいかかりました。陸路の方が早いと思いますが、時間に余裕があれば、海路もまたよいものです。

気温はやや肌寒いです

サン・マルコ広場からホテルまで

サン・マルコバス停(笑)で下船すると、目の前に「サン・マルコ広場」が見えます

サン・マルコ寺院。壁画が美しい

その後、徒歩5分ほどで宿泊ホテルまで。まずはチェックインをして、荷物を部屋に収納します。

ホテル アクアパレス

今回宿泊したのが「ホテルアクアパレス」
運河沿いにある、レトロクラシックな雰囲気たっぷりの宿です

インテリアや調度品もクラシック感満載w

コチラには2泊の予定ですが、2名で280.16ユーロ(換算目安:37,446円)
3月初旬でローシーズンでしたが、ハイシーズン(4月〜10月)はさらに高騰するようです。

利用した予約サイトはコチラ
アクア パレス(ヴェネツィア)|ホテル-2019年 最新料金

レストランもたくさん

周辺の通路は網目のように入り組んでいて、バーやレストラン、土産物店が軒を連ねています。

ふらっと見つけたレストランで、ランチ。
まずはスパークリングワインで乾杯♪

カルボナーラパスタとマリゲリータピザをいただきました。美味いっw

お代は〆て60.50ユーロ(約7,649円、2019年3月6日のレート)
酒代が半数を占めている(笑)席料も2人で5ユーロ課金されていました。ま、しょうがない。

街を散策

食後は街をぶらぶらと。ヴェネチアならではの風景が広がります。名物のゴンドラも頻繁に行き交っている

とにかく、迷路のような道筋が多い。迷子にならないように、Googleマップなどで確認しながら進むのがおススメです。

また、私の泊まったホテルは若干電波が弱く、画像付きの記事をアップするのに四苦八苦(汗)少し外に出ると改善することがありました。

今日の一言

海と運河。古くからある街並みや、歴史的建造物のコントラスト。

ヴェネチアは、とても趣き深い場所です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら