国際線 JALの機内食が素晴らしくて感動

広告

マドリード、バルセロナ、ヴェネチアを旅することになりました。

成田ーマドリードは、イベリア航空の直行便が就航していますが、手配を息子に頼んだところ、わざわざトランジットで、フランクフルト経由を選択したとのこと。

息子曰く。
「日本のエアラインの方が、ホッとできるし、映画のクオリティもよい」

なるほど。

ワタシはコストセーブの点もあって、海外エアラインをもっぱら利用していました。
JALの国際線は初めてでしたが、息子が申しますとおり、そのクオリティは素晴らしかった!
とくに、機内食に感動しました。

まずは、ドリンクとおつまみ

離陸後、安定飛行になると、おつまみとドリンクを提供してくれます。
ワタシは白ワインをお願いしました。爽やかな辛口に"あられ"が合うのよーw

JAL特選のようです

メインディッシュ

離陸が日本時間でAM11時。最初の機内食は13時頃で、コレがメインディッシュ。

ビーフorチキン、ってなw

チキンメニューは「麻婆仕立の鷄そぼろ丼」メインディッシュもさることながら、付け合わせの野菜メニューや、温かい味噌汁もサイコー!

RED U-35

JALでは、若き料理人たちのチャレンジプロジェクト
RED U-35 / CLUB RED WEBに協賛しているとのこと。

ワタシがいただいたチキンメニューは、井上和豊シェフの作。機内食の域を超えてる!めっちゃ美味しかったです。

デザートは、カチッカチのハーゲンダッツ。
食べているとちょうどよい溶け具合、この気遣いがありがたい

軽食も秀逸

その後、18時頃に調理パンとドリンク。
(写真撮り忘れた)
最後は、21時頃にラーメン。コレまた秀逸です。

東京のラーメン店Japanese Soba Noodles 蔦 (ジャパニーズソバヌードル ツタ) – 巣鴨/ラーメン [食べログ]
ミシュラン1つ星を取ったその味を、機内で味わえるなんて、感動です。

こんな感じで供されます

具材を混ぜて食べる

ほのかにトリュフの香り。
とにかく、フライト時間が長くなってきたときに、このメニュー!とても癒されました。

今日の一言

機内食の随所に「おもてなし」の心を感じさせてくれる。

JALのサービスに、あらためて敬服です。

おまけ

余談ですが、映画のラインナップも充実していて、往きには「グリーンカード」「ボヘミアン・ラプソディー」を観ました。帰りには「アリー/スター誕生」他を観ようと思っています。

機内Wi-Fiが有料で利用可能ですが、通信速度がかなり制限されました。とくに、画像を伴うFacebookやブログのアップは厳しかったです

あと、トイレが広い!丈夫な歯ブラシも備えつけてあるのも嬉しいものです。


※いずれも、2019年3月現在の情報です。

こうしたことも、旅を楽しく過ごすためには大切。
JALさん、ありがとうw

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら