成田空港 久しぶりに訪れて、おもてなしの雰囲気を感じられた

広告

マドリードへ出発するため、久しぶりに成田空港を訪れました。

ここのところ、海外旅行に行くときはいつも羽田空港を利用していて、成田利用は、実は15年ぶりくらいです。

リムジンバス

自宅最寄り駅から成田空港まで行くには、いくつかの交通手段がありますが、楽なのを優先して、リムジンバスにしました。料金は片道3,100円です。
※2019年3月現在

自宅最寄り駅を朝の6時10分発、と早い時間でしたが、平日なのにほぼ満席。
途中、首都高速の一部が渋滞したものの、利用する第2ターミナルに、ほぼ予定時刻(8時25分)に着きました。

ただ、車内の送風がかなり強くて寒い。膝掛けがあればよかったと思いました。

広くて明るいターミナル

久しぶりに訪れた、成田空港のターミナル。以前より立派になっていて、リニューアルされたように感じました。

いろいろな施設のスペースも広くとってあって、明るい。チェックインもスムーズにできました。
ただ、やはり平日だというのに手荷物預けカウンターがなかなかに混んでいる。20分くらい並びました。

2階には売店とレストラン。ピカチュウのパイロット姿がエスカレーター上がったところにドーンと見えて、さすが、空港(笑)

スマホのケースとストラップを買う

さて、チェックインも済んで、さあ出国!というときに、ウッカリ忘れてしまったモノに気付きました。

それは、スマホケース。
いつも使っている、手帳型のままだった!

スマホは海外旅行ではとくに、命綱。肌身離さず持っておくためにストラップは必須です。

仕方ないので、カメラ屋さんでスマホケースとストラップを購入しました。
わーん、思わぬ出費になっちゃったー。でもちょっと安売りしていたので、2,500円くらいでした。

これで、ひと安心。

搭乗口へ

私が今回利用するのは、日本航空。出国審査場から搭乗口が比較的近く、徒歩5分くらいでした。

フライトの2時間30分前には空港に着いていたのに、なんだかんだで、もうあと残り40分ほど。
国際線に乗る場合は、時間に余裕をもっておくに越したことはありません。

少しだけ時間があったので、牛丼とビールで乾杯w

あとは、離陸を待つばかりです。

今日の一言

日本の玄関口である、成田空港。
"おもてなしの心"が感じられる、よい空間だなーと、今回訪れてあらためて思いました。

もう少し都心から近ければいいのですが・・ま、仕方ない。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から832記事連続、毎日更新中。(2019年2月28日現在)→詳しいプロフィールはこちら