毎年2月 育児休業中の社員から、悲喜こもごもの便りが届く頃

広告

2月に入ると、育児休業中の社員から「保育園が決まりました」「抽選でハズレてしまい、今回は入れませんでした」
・・などといった「悲喜こもごもの便り」が届きます。

昨今の「待機児童問題」
各自治体で、保育園増設などの努力によって、ずいぶん解消された地域もあるようですが、まだまだ厳しい状況が続いている地域も多いと聞きます。

先日連絡があったメンバーさん。
お2人目のお子さんをご出産されて休業中。上のお子さんの保育園に希望を出したけれど、選に漏れてしまい、別の保育園に「二次応募」として出しているとのこと。
その結果が2月中に届く予定だそうですが、月末最終日になっても、まだ報告がきません。

どうなったのかな?と案じていると、夕方になってようやく連絡がきました。
「なんとか入れました!」
よかった、よかった。

優秀な方で、チームのみんなも、彼女の復職を待ち焦がれていたので、朗報なによりです。
ご本人も、この春にぜひ仕事を再開したいと、休業中にも何度か連絡をもらいました。

4月の入園を逃すと、年度途中だとなかなか入りづらい様子。
他のママさんたちからも、苦労話をよく聞きます。

  • 無認可園にとりあえず入って、認可園の順番待ちに登録する
  • 生後3ヶ月しか経っていないけれど、ここを逃したらあと1年後になってしまうので、思い切って申し込みした
  • 上の子と下の子と違う保育園で、駅をはさんで反対側なのだけれど、アレコレ言っていられないので、とりあえず決めた

・・etc.

みんな、大変だなー。

まずは預け先が決まるだけでも、ほっとするもの。
久しぶりに会う仲間と、また一緒に仕事ができるのが楽しみです。

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら