『人生うまくいく人の感情リセット術』樺沢紫苑 著 苦しいときに、そっと寄り添ってくれる一冊

広告

作家/精神科医 樺沢紫苑先生の2018年12月新刊である本書。
2011年に出版された『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』が最新情報も含めてリライトされた、樺沢先生初の文庫本です。

前作には、私がまさに「苦しい」ときに助けてもらいました。

でも、タイトルのインパクトがちょっと重たいかもしれない。
本当に苦しいときって、もしかしたら「本」を手に取る気力も持てないかもしれない。

本書は、文庫本という手軽さと、図やイラストがふんだんに使われていて、とても読みやすい。

タイトルの「感情リセット」というニュートラルなフレーズも親しみやすい。

だから。

とっても苦しい‥という方にそっと寄り添ってくれるかもしれない。ならば、ぜひ届いて欲しいな。と思い、ご紹介をさせていただきます。

脳科学が助けてくれる

「苦しい」と「楽しい」、正反対の二つの感情。
実際には脳内物質・ホルモンの変化に拠る現象でもある。

樺沢先生は、その脳科学根拠についてを、まず客観的に教えてくれます。

「苦しい」ときは、ノルアドレナリン・アドレナリン・コーチゾールといったホルモンが優位になっている。
「楽しい」ときは、ドーパミン・エンドルフィン・セロトニンといったホルモンが優位になっている。

辛い。堪え難い。
苦しいときは、そんな思いで心がいっぱいになります。

でも。

「苦しい」のホルモンを抑えて「楽しい」のホルモンを活性化することで、何かの突破口になるのだと捉えれば‥心の切り替え、つまりリセットができるようになれそうです。

きっと、脳科学が助けてくれる。

では、具体的にどうすればいいの?

理屈ではわかったとしても。

実際に苦しい渦中にいるときって、なかなか行動ができないものです。

そのための具体的な方法について。
図やイラストとともに分かりやすく解説してくれます。

  • 楽しい・幸せを「イメージする」
  • ポジティブに「言い換える」
  • 感情を「数値化する」
  • 過去・他人‥「変えられないこと」で悩まない
  • 「今ここ」に集中する
  • 適度な運動や十分な睡眠
  • ときには「逃げる」

‥etc.

苦しいから、これ以上苦しくなったって、仕方ないから。
だったら、もう、ヤケクソだ(笑)なんでもやってみよう。

実際に、自分がそういう状況だったときに、教えてもらったことを少しずつ迎え入れる(すぐに「やれる」にはならなくても、とにかく「迎える」)ようにしてみました。

そして感謝して、アウトプットする

そうして過ごしてゆくうちに、心のバッファができてきたら。

人に相談したり、そもそも周りの全てが自分を支えてくれていることに感謝して、そのことを書いてみる(アウトプット)

書くといっても、大げさなことじゃなくても「今日あった3つの良いこと」をTwitterなどを利用してつぶやいてみよう。と樺沢先生は勧めてくれます。

私は、前書で教えていただいたことを元に、こうしてブログを書くようになりました。
そのおかげで、1年近くはかかりましたが「苦しい」毎日から「楽しい」毎日を過ごせるようになったのです。

感情は、リセットできる

苦しいから辛いから。それはそれでよいのです。
でも、楽しくなれたら、もっとよい。

感情って、リセットできるんだよね。

それを知れるだけでも心がふわっと軽くなれる。

この本に書いてあることをやってみたら。きっとそんなふうに思えるかもしれません。
小さな文庫本がもしかしたら、そっと支えてくれるかもしれません。

前作の感想文を書いたときに、今作を読んだらまた、当時のことがフラッシュバックしそうで、ちょっと怖い‥とよぎりましたが、
むしろ、あれからまさに"感情リセット"ができたことを、とても嬉しいと思えました。

よろしければぜひ、手にとってみてください。

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から759記事連続、毎日更新中。(2018年12月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら