『東大生の本の「使い方」』 重松理恵 著 知性あふれる若者が、ひたむきに何を学ぼうとしているのか?を教えてくれる本

広告

『東大生は、読書で思考を広げたり、深めたり、整理したりしている。そのために、ちょっと特別な本の「使い方」をしている』

「はじめに」にあるそんな書き出しに惹き込まれ、本書を手にとりました。

どんなふうに”特別な使い方”をしているのだろう。
また、そのトレンドには一般の書店には無い特徴がある。

本書は、東大生協の書店員さんが、そんなユニークな分析をされた興味深い一冊です。

話題書やベストセラーにとらわれない

東大生協の書店で売れている本というのは、世間の潮流にとわられず、学生さん自らがセレクトしているものだそうです。

良質の本をたくさん読むからこそ頭がよくなり、その結果さらに難しい本もたくさん読めるようになる。これが東大生の知性の秘密だったのです。

自分に満足していないから本を読む。

‥一冊の本から始まって、知の探求がさらに別の本へと。数珠つなぎに広がってゆく世界なのですね。

気になったものの大元をさぐる

たとえば。

2010年に大ブームになった『もしドラ(もし高校野球のマネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら)』

東大生協書店でも人気があったそうです。しかし、その二番煎じ的な書は人気がなく。
続いて、ドラッガーの「マネジメント」がよく売れていたとのこと。

学生さんいわく。

気になったものの大元を知りたくなるのは当然じゃないですか

ほほーーーっ。

まさに"深めて、広げる"です。

売れている本のランキング

第2章、3章では、分野別売れている本のランキングを紹介してくれています。

一例を挙げると。
東大史上もっとも売れた本というのが『これからの「正義」の話をしよう』(マイケル・サンデル著)

専門書、自己啓発本、歴史書、ビジネス書、哲学書、新書…etc.
それぞれがなぜ人気があるのか?その根拠も解説されていて、興味深い。

どの本も手にとってみたくなってきます。

終章では、実際に東大生である(または、であった)方々が、どのように本と向き合って活用してきたかを語ってくれる。

とくに、養老孟司さんのメッセージ『のめり込んで読まないと面白くない』
というのが、とても刺さりました。

今日の一言

この本を読んでいると。

「東大生の」というより。
これから社会に出ようとする、知性あふれる若者が、

一生懸命に何をつかもうとして、ひたむきに何を学ぼうとしているのか?

…とてもよくわかります。

学生さんであったり、新卒として入社してきた方々とのコミュニケーションにも。
役立つこと間違いなし。

よろしければぜひご一読をw

「働きながら子どもを育てる」を20数年やってきた私のオススメの一冊。
子育てに悩みそうなときには、ぜひどうぞ。

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から933記事連続、毎日更新中。(2019年4月30日現在)→詳しいプロフィールはこちら