母からもらったトレンチコート 30年着ている「冬の相棒」

広告

今年もそろそろ、コートが必要な季節になってきました。

私が愛用している、バーバリーのトレンチコート。
母がヨーロッパ旅行でお土産に買って帰ってきてくれたのは、もう30年前のこと。

このコートに袖を通す度に、母とのこれまでを思い出します。

母の旅行

私の母は昭和7年生まれ。現在86歳です。
戦争経験者で、なおかつ、その実家はとても貧乏だったため、苦労話をよく聞かされたものです。

父と結婚して生活も安定し、三歳上の姉と私が二十歳を迎えて以降から、行ってみたかったという、ヨーロッパへの旅行を楽しむようになりました。

このコートは、ウイーンに行ったときに免税店でセールをしていたらしく、買って帰ってきてくれました。

私が社会人になって数年したころ。バーバーリーのコートを着て通勤できるのが、とても嬉しかったことを鮮明に覚えています。

母が一緒に旅を楽しんでいたお友達も、残念ながらほとんどすでに他界されてしまい、
当の母も高齢なので、もう、海外旅行に出かけることも無くなってしまいました。

実はニガテだった、我が母

私の母はとても気性が激しく、しかも、チョー、ブランド志向。かなりニガテでした。
小さいころから「我が道をゆく」という次女(私のことです)には、さまざま落胆していた様子。

一方、姉はとっても優等生。
母の期待を次々叶えて、自慢の娘だったのだと思います。

ですから、その姉にではなく、私にこのコートをくれたのは、何故だったのだろう?
あえていえば、姉は教員、私は会社員だったから…その程度の理由だったのかもしれません。

ただ、当時の私はそんなことは意に介さず。とにかくこのコートを着られるというのが、ウキウキでした。

そして、30年の時が経った

その後、毎年この季節が来る度にお世話になっているコート。
気付けばもう、30年になりました。
私にとって無くてはならない「冬の相棒」

本体はまだまだ丈夫ですが、ベルトはかなりボロボロ。ところどころ、革が剥げかかっています。

何十年経っても、ボロボロになっても、何故このコートが大好きなのだろう?

もしかしたらそれは、ニガテだった母のことが、ほんとうはとても好きだった…だからなのかもしれません。

自分も、もうかなりの年齢になって。

そんなふうに、やっと思えるようになりました。

今日の一言

今年もきっとお世話になるであろう、トレンチコート。
単なる洋服だけではない、さまざまな歴史を物語ってくれていることに。

おかげさまで健在な我が母が、楽しく過ごしたであろう、ウイーンの思い出に。

そして、母に。

感謝です。

せっかくだから。
100歳になっても、着続けていたいなー。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し現在は管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら