海外で購入ブルガリの腕時計 ベルトが壊れたときはブルガリショップで交換可能

広告

以前に出かけた台湾旅行の際に買った、ブルガリの腕時計。

そのとき、ちょうど今の役職に就かせてもらったばかり。かなりイッパイイッパイな日々でした。

お土産を買おうと立ち寄った免税店で、この時計に一目惚れ。詳しくは忘れてしまったけど…なかなかのお値段。

「自分へのご褒美だわー」と即買いしちゃいました。

使用してから6年後のある日。ふと、手元を見てみたら…ベルトが取れかかって腕から落ちそうになっています。

あわてて腕から外してカバンの中にしまい、修理してもらえる先を探してみたら、百貨店などに入っている「ブルガリショップ」で交換してもらえました。

修理してもらえる先はどこだろうか?

まずはネットで色々検索しつつ、とにかくすぐに修理してもらえる先を探してみる。

しかし…情報が多すぎてよくわからない。

よく見ると、相当ヘタっていて一刻も早く直してほしい。

まずは家電量販店へ。通勤途中にある新宿駅西口の「ヨドバシカメラ時計総合館」に行ってみます。

お店の方に相談してみると、他メーカーの時計ベルトでも装着可能だけれど、加工が必要なので一旦預かりとなるとのこと。

残念ですが家電量販店はあきらめて、次はブルガリのお店を探してみます。

小田急デパート新宿店 ブルガリショップ

幸い、すぐ近くの小田急デパート新宿店にブルガリショップが見つかりました。

お店の方に事情を説明すると、すぐに新しいベルトを出してきてくれました。6年前に買ったものなのに、同じベルトが売っているとは嬉しい。

奥のが新しいもの、手前のが古いもの。色も相当劣化しているのが明らか。

ベルト交換にほんの5分程度しかかからずに済み、周りも磨いてもらって大満足です。

交換前

ちょっと光の加減が違うけれど、交換後はピッカピカになりました

料金は16,200円(税込)でした。※2018年10月現在

最後にひとこと

思い入れの深い品物が故障してしまったとき。

お値段がかかったとしても、すぐに直してもらえて元通りにできるのは、とてもありがたい。

時計は本体の性能メンテナンスもさることながら、ベルトのメンテナンスも定期的に必要。
ベルトの状態も気にかけるようにして、今回のように「腕から落ちそうになる寸前」の状況になる前に、またショップに相談しにいくことにします。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー28年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら