「行きます」は、人によって温度差があるものだ イベント主催者さんのご苦労がしのばれます

広告

あるイベントを友人と一緒に行く予定でいました。
毎年定期的に行われていて、前回その友人は参加ができず、「次回は是非行きます」と言っていた。

それを聞いた主催者さんが「次回は◯月△日です。お待ちしています!」とわざわざご案内をくださっていました。
それが半年くらい前のこと。

日時が近くに迫ってきたので、念のため連絡をしてみると‥‥
「用事がブッキングしちゃって、今回も残念ですー」との返事。

あれ?「行きます」って言ってたよねー?

もちろん、仕事の用事、家庭の用事‥etc.
やむを得ない事項が後から入ってしまうことはあります。
でも、それならば「ブッキング」とは言わないよなー。

ふと、思いました。

そもそも、このイベントより、別の用事の方がご本人にとって優先だったということ。
もしくは「行きます」と宣言した時点で、スケジュールをブロックしていなかったということ。

「行きます」の感覚って、人によって温度差があるのだなー。

ワタシにとって「行きます」は「必ず行く」という意味。
でもひょっとして自分も、生返事をしてしまっていることもあるかもしれない‥と、反省。

イベントの主催者さんって、大変だなー。
来てくださりそうな方の「行きます」に喜んだり、結局来なければガッカリになっちゃったり。

あらためてそのご苦労がしのばれました。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら