「行きます」は、人によって温度差があるものだ イベント主催者さんのご苦労がしのばれます

あるイベントを友人と一緒に行く予定でいました。
毎年定期的に行われていて、前回その友人は参加ができず、「次回は是非行きます」と言っていた。

それを聞いた主催者さんが「次回は◯月△日です。お待ちしています!」とわざわざご案内をくださっていました。
それが半年くらい前のこと。

日時が近くに迫ってきたので、念のため連絡をしてみると‥‥
「用事がブッキングしちゃって、今回も残念ですー」との返事。

あれ?「行きます」って言ってたよねー?

もちろん、仕事の用事、家庭の用事‥etc.
やむを得ない事項が後から入ってしまうことはあります。
でも、それならば「ブッキング」とは言わないよなー。

ふと、思いました。

そもそも、このイベントより、別の用事の方がご本人にとって優先だったということ。
もしくは「行きます」と宣言した時点で、スケジュールをブロックしていなかったということ。

「行きます」の感覚って、人によって温度差があるのだなー。

ワタシにとって「行きます」は「必ず行く」という意味。
でもひょっとして自分も、生返事をしてしまっていることもあるかもしれない‥と、反省。

イベントの主催者さんって、大変だなー。
来てくださりそうな方の「行きます」に喜んだり、結局来なければガッカリになっちゃったり。

あらためてそのご苦労がしのばれました。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら