肋骨にヒビが入っていた 損傷したときの経過・整形外科受診・治療法・回復 私の経験をご紹介

広告

こんにちは。50数年生きてきて、滅多に怪我をせずに済んでいる ねーさん(@nesan_blogger)です。

ところが。

あるとき自宅の椅子に座っていてバランスを崩し、転倒してしまいました。
落下したところに運悪く金属製のゴミ箱があり、強打。

数日後、整形外科を受診して肋骨にヒビが入っていることが判明。

損傷したときの経過・整形外科受診・治療法について。私の経験をご紹介します。

肋骨周辺の痛み、最初は「そのうち治るだろう」と放っていた

打撲後、しばらく痛みが続きましたが、とくに内出血していないようだったので、しばらく様子見することに。

翌日大分痛みがよくなってきて、ぶつけたところ(私の場合は、左脇腹と背中の辺り)を押してみると「あいたたっ」という感覚はありましたが、まぁいいや。

寝ている姿勢だとあらためて患部が痛くなり気になるものの「そのうち治るだろう」と思っていたところ。

3日目の朝、出勤しようと支度していたらなんだか息苦しさを感じてきて、ここでようやく整形外科を受診しました。

肋骨のヒビ 受診時の様子

先生にこれまでの経緯を伝えると「なるほど。肋骨が折れているかヒビが入っている可能性があるでしょう。まずはレントゲンを撮りましょう」とのお話。

「こ、こっせつぅ…先生、私自慢じゃないけれど骨折したことなぞないのです」とうろたえる私に
「しばしば肋骨を損傷することってあってね。咳しただけで罹る人もいますよ」と教えてくれます。

レントゲン撮影して再び診察してもらうと「骨は折れてないようだけれど、ヒビが入っていますね。大丈夫。1ヶ月もあれば治るから」との診断。

治療法について説明を受けた後「あとはね。とくに来院必要ないからね」と言われて、受診終了です。

肋骨のヒビ 治療法について

次に、私が説明を受けた治療法について、お伝えします。

「リブバンド」で固定

まずは「リブバンド(胸部固定帯)」という医療用具で患部を固定。これによって治るわけではありませんが、固定することで痛みを緩和できるようになります。

「肋骨が動くことで痛みを感じ易くなるから、固定することで楽になるよ」との先生からのアドバイス。

私がもらったのは後ろがメッシュタイプになっているもの。

最初は看護師さんに巻いてもらいます。

看護師さん曰く「私も罹ったことあるんだけれど、これしてると楽ですよ」そうか。同じ経験する人って結構いるのだなぁ。

確かに、装着してもらったら痛みをあまり意識せずに済むようになって、大分楽になりました。

「食事や就寝のときなど、状況に応じて緩めながら使ってくださいね」優しく言葉をかけてくれる看護師さん。ありがたいものです。

このバンドは終日装着しておきますが、寝るときにある程度締め付けておいても、とくに気にならず熟睡できています。

また、地肌に直接付けるとかぶれやすいので、下着などの上から付けるようにするとよいです。

消炎鎮痛剤と湿布薬

合わせて、痛みを緩和するための消炎鎮痛剤(炎症を抑え、痛みを緩和する薬)と湿布薬を処方してもらいました。

消炎鎮痛剤は2週間分(朝晩に1錠ずつ)、湿布薬は3週間分です。

普段通りの生活をしていてよい

生活の仕方について、先生に訊ねたところ「とくに気をつけることなく、普段通りの生活をしていてよい」とのこと。

「満員電車で通勤したり、階段上り下りとか頻繁にあったりするのですが…」とさらに聞いてみても「大丈夫ですよ」とのお答え。

ほっとしました。

肋骨にヒビ 気づいたこと

あらためてこの怪我で気づいたこと。

それは、肋骨って日常の様々な動作に影響があるのだということです。
歩くときも、なかなか早く歩けなかったり、咳やくしゃみ、鼻をかむ、笑う、寝返りを打つ…など、肋骨が痛いと辛いこと多々。

怪我を未然に防ぐのは難しいものですが、健康であることがどれほどありがたいか、身に染みました。

また、放っておかないで、必ず受診することが大事なのだとも実感です。

回復の様子について

その後、1週間ほどで大分痛みも不具合も引いてきました。

私が怪我をしたのは4月初旬で、まださほど気温も高くない時季でしたが、1日中「リブバンド」を巻いていたら、直接地肌に付けてはいなかったものの、かぶれてしまった。

10日ほど経った後は、リブバンドも装着せずに過ごしました。寝ているときなどにまだ若干突っ張り感はあるものの、ほぼ気にならず。

主治医の先生からアドバイス頂いたとおり、負傷後1ヶ月経ってすっかり回復できました。

怪我が治るというのは嬉しいものです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら