【ブレンディボトルコーヒー無糖】コクがあって味わい深い 水筒に入れて持ち歩くとコスパもよく便利

広告

こんにちは。仕事をするときにはコーヒーが欠かせない ねーさん(@nesan_blogger)です。

とはいえ、コーヒーチェーン店やコンビニの100円テイクアウトは少々ニガテ。
酸味がやや強い、牛乳ではなくコーヒーフレッシュを置いてある店が圧倒的に多い、1日に何杯か必要になり割高である…などが理由です。

私が愛飲しているのが「ブレンディ ボトルコーヒー 無糖」

冬はホットで、夏はアイスで。一年中、水筒に入れて持ち歩いている。

ご紹介します。

ブレンディボトルコーヒー無糖  ポイント

まずは、このコーヒーのポイントについて。

ココがポイント

  • 他メーカーのボトルコーヒーよりも、コクがあって味わい深い
  • 酸味が少なく、牛乳を入れても薄まった感じがしない
  • スーパーで100円少々(900ml入り、税別)で売っていて、コスパがよい

ホットとアイスで水筒で持ち歩く場合を、さらに詳しくお伝えします。

プレンディボトルコーヒー無糖 温かくして水筒で持ち歩く場合

10月過ぎた頃になると大分気温も下がってくるので、温かくして水筒で持ち歩くことにしています。

水筒に「ブレンディボトルコーヒー無糖」を8分目まで注ぐ

残りスペースに牛乳を足す

コレをいったん耐熱のカップに注ぐ

電子レンジの「あたため」で自動加熱

だいたい3分少々くらいな感じ。
沸騰してしまっては元も子もないけれど、「あたため」だと程よい熱さに出来上がります。

再び水筒に戻して蓋を閉める

これを勤務先に持っていくと、いい感じの「ホットカフェオレ」が楽しめる。
午後くらいになると大分ぬるくなっちゃうけれど、私の水筒は300ml入りなので、大抵1日もちます。

ブレンディボトルコーヒー無糖 冷たくして水筒で持ち歩く場合

夏場にアイスで利用する際はさらに時間が短く、30秒くらいあれば済みます。

朝、水筒に氷を詰めてこのコーヒーを注ぐ。会社の冷蔵庫にもボトルを常にストックして、途中で注ぎ足します。

マイ水筒

夜まで氷は溶けないので、つねに冷たい状態が楽しめる。

しかも、ペットボトルのように周りが湿め湿めして、カバンの中をウェットにせずに済む点も便利です。

最後にひとこと

毎日のコーヒーの楽しみ方。人それぞれだけれど、私にとっては「ブレンディボトルコーヒー無糖」が長年の相棒です。

900ml入りで、税込で120円ちょっと。
私の水筒が300mlで、ちょうど1日分の適量。飲み物代が40円くらいで済んじゃうのも嬉しい。※2020年10月現在

Rakutenのケース買いだと、お得な企画があります。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら