SNSどう活用すればよいか? 交流を広めるTwitter・交流を深めるFacebook

広告

こんにちは。SNS活用をどうすればよいのだろう…試行錯誤の連続な ねーさん(@nesan_blogger)です。

ある時はFacebookメイン、ある時はTwitterメイン。色々取り組んできて近頃思うことがあります。

それは、何か一つに絞る必要がなくってそれぞれSNSの特徴を活用すればよいということ。

なぜそう考えるに至ったのか?
SNS活用に悩んでいる人たちに参考になればと、この記事を書きます。

SNS 活用のポイント

まずは、SNS活用のポイントについて。

ゼロイチ思考ではなく、0.3とか0.7とかがあってもよい 

SNSで私が取り組んでいるのは、Twitter・Facebook・Instagramの3つ。
お恥ずかしいことに不器用なゆえ、どれか一つに集中してその他は片手間に…といった考えについ捉われてしまっていました。

この記事を書いている前後2年間ほどは「交流をより広めたい」との思いでTwitterメインでやってきて、おかげさまで12,000人超のフォロワーさんに恵まれました。

一方、Facebookはほとんど閲覧のみ、Instagramは「撮った写真をシェアする」という元々の利用方法しかできず終い。

ではなぜ「ゼロイチ思考ではなく、0.3とか0.7とかがあってもよい」と気付いたのか?次の段落で説明します。

実名顔出しだから語れること

Twitterはプロフもイラスト、アカウント名も実名にはしていません。
特に理由はありませんがあえて言うならば、その方がリラックスして不特定多数の方々と交流できそうから。Instagramも同じです。

一方、Facebookは実名顔出しが原則。中にはそうでない人たちも見受けますが、それはさておき。

Facebookの「お友達」もリアルで会ったことのある相手がほとんどなので、より素の自分を語りやすいとも言えます。

あるとき、やや疎かにしてしまっていたFacebookに必ず投稿しようと計画を立てました。

それは、自分が還暦を迎えたことについて。

フォトグラファーの友人にプロフを撮影してもらって、その画像とともに人生一大事節を伝えたいと思ったからです。

実際に投稿してみたら。

驚くほどたくさんのお友達からメッセージをもらうことができて、私のFacebook史上最高の「いいね!」をもらうことができて感無量。

この出来事であらためて気付いたのが、Facebookは交流を深めるSNSでもある、ということ。

Twitterのよさ、Facebookのよさ、どちらも尊重しながらやっていけばよいのだ。ゼロイチ思考に凝り固まってしまったことに反省です。

最後にひとこと

SNS活用で、何を目標としたいのか?私が気付いたことをご紹介してきました。

SNSの醍醐味は交流。広めるならばTwitter、深めるならばFacebook。ツールの特徴もさることながら何よりも、フォロワーさんたちへの感謝を忘れないようにしたいです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

ご提案・ご依頼を受付しています
この記事について、または「ねーさんらいふ」運営者へのご提案・ご依頼を受付しています。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で18年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら