この本を読むと文章が書きたくなる 『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』(尾藤克之 著)

文章を上手に書けるようになりたい。
読む方にしっかり伝わるブログを書きたい。

そのことを学びたくて、本書を手にとりました。

国内有数のオピニオンサイト「アゴラ」のコラムニストとしてご活躍されている著者の尾藤克之さん。

いちばん大切なメッセージとして書かれてあること。
文章を書くことによって、読み手の行動を促すこと

まさに、本書を読んでどんどん行動したくなりました。

5つの方法

本のタイトルにあるとおり、まずは、そのための5つのメソッドをお示しくださいます。主には以下のような点です。

  • 読者は誰なのか。
  • 専門用語ではなく、平易な表現をこころがける。
  • 語尾にメリハリをつけて文末を活き活きとさせる。
  • 文章の始めに「フック」を置く。

…etc.

とくに印象に残ったのが、

誤用しがちな正しい慣用句の使い方や、接続詞の用途、読点を打つコツ、などの文法的な詳しい解説。

これってけっこう、アルアル。お恥ずかしながらワタシも誤用しまくっていました。

文法ってやっぱり大切なんですよね。

ブログを書くためのポイント

メソッドのご紹介に続き、SNSやブログでのポイントも展開してくださいます。

ともすると「自分日記」に陥りがちになっちゃうワタシのブログ。

でも、せっかく、インターネットというありがたい場をお借りしているのだから、「読者さんのメリット」をより意識しよう。

尾藤さんはそのために、下記のような点に留意するとよいと教えてくれます。

  • 数値などを用いた裏付け
  • 客観性
  • 1~2分でさらっと読めるような短文
  • アピールポイントは一つにしぼる

また、いつも悩んでしまう、「ネタ切れ」。ひとつの出来事に複数視点や複数アプローチを心がけることが大切。

”ネタの3Dワールド”ですね!

書いたら終わりではなく、その後の推敲も重要

終章では、「プロ直伝の+αの技」としてのエッセンスも織り込んでくれています。

とても響いたのが、「書いた後のチェックが、書くこと以上に重要」という点です。

”書いてるワタシじゃない、別のヒト”の視点で点検するように心がけたい。あらためて実感です。

まとめ

よい文章とは、読んだ方の行動を促すことができること。

まさにワタシも行動をうながされました!
だって、ますます書きたくなっちゃったものw

尾藤さん、素敵なご著書をありがとうございました。

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら