からあげ専門店の「赤からあげ」を使って【チョー簡単酢豚風】野菜と炒め合わせるだけ

広告

こんにちは。チョー簡単クッキングが得意、ワーキングマザー29年の ねーさん(@nesan_blogger)です。

鶏の唐揚げが食べたいなー…というときに、からあげ専門店のテイクアウトは便利ですが、単品で食べるだけでなく、ちょっとだけ手を加えて「チョー簡単酢豚風」はいかがでしょうか?

とくにスパイシーな「赤からあげ」を応用したいときにオススメ。ご紹介します。

「赤からあげ」のアレンジを思いついたきっかけ

今回使ったのが、小僧寿しのいくつかの店舗に併設されているからあげ専門店「元祖からあげの中津家」 "赤からあげ"

スパイシーでコクのある真っ赤なソースで仕上げられているのが特徴で、なかなかに辛い。

辛いもの好きにはたまらない美味しさですが、ちょっと多く買いすぎてしまい、かつ、かなりの大きさでいっぺんに食べきれませんでした。

そこで思いついたのが「酢豚風」にアレンジ。色合いもなんとなく酢豚に似ている。

野菜と炒め合わせれば、バランスの良い主菜に早変わりです。

赤からあげを使った「チョー簡単酢豚風」 材料と作り方

酢豚の材料といえば、玉ねぎやニンジンが思い浮かびます。

ニンジンは火が通るのに時間がかかるので、早く仕上げたいときには玉ねぎのみでもOK。

適当な大きさにザク切りします。

からあげも一口大に切る。

からあげに油分が十分あるので、油は引かず玉ねぎとともにフライパンに投入。焦げないように弱火にしておくと良いです。

彩りにはピーマンを添えます。適当な大きさに切って

炒め過ぎると色あせてしまうので、先に電子レンジ600Wで1分ほど温める。

玉ねぎが透き通ってきたら、ピーマンを投入してすぐに火を消す。しばらく置いておくと余熱でピーマンにも味移りしてくれます。

お皿に盛り付けて完成。

からあげの味がかなり濃いので調味料も不要。野菜とほどよく馴染んで、単品で食べるのとはまた違った美味しさが楽しめる。

ご飯にもよく合います。

最後にひとこと

ここのところ、からあげ専門店をあちこちで見かけるようになってきました。

出来立てをそのままいただくもよし、ほんのちょっと手を加えてアレンジメニューにするもよし。

この記事が、毎日のおかずのヒントになれば幸いです。

こちらも一緒に読まれています

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

ワーキングマザー29年、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で16年管理職。「100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を増やしたい」というビジョンを広げるためブログで情報発信中。山手線 全駅の記事も人気。

→詳しいプロフィールはこちら