札の辻交差点(第一京浜道路) そもそも歩道橋はどういう場合に設置されるのだろう 調べてみた

ワタシが仕事でよく通る「札の辻交差点」。
東京都港区、JR田町駅から国道15号線(通称、第一京浜道路)を横浜方面にまっすぐ進んで7~8分くらいのところにあります。

大きな交差点なので、横断歩道で”水平移動”できない箇所もあり、急いでいるときは、歩道橋頼りになります。

実は、高いところが苦手なワタシ。歩道橋も大の苦手なのです(汗)
東京タワーが見渡せたりの、眺めヨシなのはいいんだけど、

橋の上でブルブル揺れたりすると、足がすくんじゃいます。

ま、それはさておき。

なんで歩道橋がある場所とそうでない場所があるのだろう?
調べてみました。

歩道橋(立体横断施設)設置基準

国土交通省のHPを見にいってみます。
ありました、「局長通知」。

信号機が設置されている交差点において下記の各号のいずれかに該当する場合には、必要に応じ立体横断施設を設置することができる。
(1) 横断者が著しく多いか、または広幅員の信号交差点において横断者が横断を完了するのに相当の時間を要するため、危険が予想される場合。
(2) 右折および左折交通量が多い信号交差点において、右左折事による横断者の事故が多発するおそれのある場合。
(3) 車両交通のあい路となつている三差絡または複雑な交差点で横断者にとって著しく危険と見なされる場合。
・・・etc.

いやー、そのぉー。
そこまで危険だとは思わないんですが(それよか、さっさと渡りたい!)老若男女、色々な方々が利用されますから、無事を図って。っていうことなんですね。

この”局長通知”をさらに読みすすめてゆくと、過去の事故率や防犯上の理由など、数値化されたさまざまな根拠があるのだということがわかります。

余談ですが、ところどころ、小さい「っ」じゃなくて、「つ」なんやねん!
お役所の文書って、”イロイロながーーい歴史”に裏打ちされた決まり事があるんでしょうね。

「札の辻」

ちなみに、この交差点、ユニークな地名です。
「田町の歴史」というのを検索していたら、”田町不動産”さんという会社のHPに奥深いことが書かれてありました。

田町駅西口から第一京浜を横浜方向に向かうと「札の辻」という交差点があります。ここは江戸時代の高札場の跡です。三辻(三差路)の一角を利用して高札が掲示されました。高札はこのような通行人の多い町の入り口に立てられることがよくあり、新しい法令や決まり事を民衆に周知する役割を持っていました。庶民教育や幕府・諸藩の権威の誇示という側面もあったようです。高札を通じて民衆による密告が促されたりもしました。
ー「田町不動産」さんのHPより

つまり、「伝言板の設置場所」ってな感じですね。
そういえば時代劇などで、「告」みたいな看板の周りに民衆が集まってワイのワイのしている風景を見かけることがあります。そんなイメージなのかな。

JR田町駅から第一京浜に下りたところにも、こんな案内板があります。

今日の一言

歩道橋のことを調べているうちに、江戸の昔から受け継がれてきた歴史にもふれることができ、嬉しいものです。

この第一京浜道路は、旧東海道。
今では幹線道路として、都内交通網要の一部を担っていますが、数百年前には、参勤交代の行列や幕末の志士たちも通り過ぎていったのだと思うと、この道を守ってくれている歩道橋にも「サンキュ!」ですw

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
☆炎の会社員&LIFE SHIFTブロガー☆

会社員のプロ/ブロガー/主婦です。
30数年会社員まっしぐら。しかし、定年まであと数年…今後のLIFE SHIFTを目指しさまざまな学びにチャレンジしています。このブログでは、私のそんな思いや実践を、同じ世代の方々や、その後ろの、背中にいらっしゃる世代の方々にお伝えしたいです。→詳しいプロフィールはこちら