自分が言いたいことと、相手が聞きたいことの順番は真逆 発信する際に気をつけるとよいこと

広告

こんにちは。ブログ毎日更新を頑張っている ねーさん(@nesan_blogger)です。

更新することも大切。
だけれど、一方的に伝えるでなく相手に読んでもらえてこそ、発信ともいえます。

自分が言いたいことと、相手が聞きたいことの順番は真逆。

ブログを書いてきて、読者さんから意見をもらって気づいたこと。

これはきっとブログだけでなく、コミュニケーションの、どの場面でもポイントになる点ではないかしら?

ご紹介します。

自分が言いたいことと、相手が聞きたいことの順番は真逆

まずは結論から。

発信する側の思考の順番って、「こういう出来事があって、それで、こんなふうに気づいて、結果、こうしたらいいと学んだ」…などと時系列で流れていくものです。

それはある意味当然だし、まずは「こういう出来事があって大変だった」というのが原動力になって、わーーって書き始めることで、勢いもつきます。

でもね。

一歩引いてみて、受け取る側の立場に立つと「わーーっ大変だったぁ」じゃなくて、「結局どうしたの?」ということを先ずは知りたい。

それを知ったうえで、プロセスについて関心を持てるようになる。

順番が真逆なんです。

わーーっと書き始めても、後から順番を入れ替えれば良い

とはいえ。

何かを発信するときって、感情がわーーっとなっていることで、それが着火点にもなります。

最初は、自分が言いたいことの順番で段落を作りつつ、ひたすら書き殴ることでよくって、後から入れ替えればOK。

お恥ずかしながら私はこれまで「記事を書き終えて最初に公開ボタンを押すとき」
この"入れ替える作業"をほとんどできていませんでした。

わーーっと書いて公開、やったー。みたいなノリです。

実際、記事を公開するのってかなりのメンタルパワーが要るから、それはそれでよし。

翌日になってクールダウンしてからでも「自分が言いたいことと、相手が聞きたいことの順番は真逆」ということを思い出してリライトができる。

それもブログのメリットのひとつです。

読者さんから教えてもらって、あらためてこの点を意識していこうって心しています。

書くこと以外のコミュニケーションの場合

ブログのように「書くこと」については、これまでお伝えしたように取り組むことが可能です。

一方、リアルやオンラインミーティングなどの、対話型コミュニケーションの場合は、その場での発信が全てで、後から修正することができません。

そこで、この「書くこと」での順番入れ替えを最初から意識してやってみる。

結論:これが大切
 
根拠:なぜそう思ったのか?
 
例示:実際にこの経験をして気づいた(ここで、いろいろ大変だったのよーーって万感思いを込めても良い)
 
結論の繰り返し:だから、これが大切

以前に、プレゼンテーション講座で習ったことのある「PREP法」です。

咄嗟の発言でこれを冷静に実施するのってなかなか大変だけれど、相手への伝わりやすさ、響きやすさって、書くことであっても、言うことであっても、同じなのですよね。

発信しようとするときに気をつけると良いこと

何かを発信しようとするエネルギーと、それが相手に伝わる温度感と、必ずしも同じではないけれど、自分と他人は"とっても違う"のだから。

まずはとにかく「伝えたい」という動機を大切にして、その順番を工夫すればよい。

この点に気をつけるだけでも、きっとコミュニケーションがより捗る。

「書く」「言う」ってどうしたらよりよいのだろう?って悩んでいるあなたへ。
この記事が参考になれば幸いです。

ランキングに参加中!
にほんブログ村のランキングに参加中です。下のバーナーをポチッと押して、応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

広告

この記事を書いた人

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって16年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら