ウェブ心理塾『ブログアクセス数爆増セミナー』 ゲスト講師はブロガーの立花岳志さん ブログの"心"をさらに深く教えてもらった

広告

私が参加している情報発信者のための学びのコミュニティ「ウェブ心理塾」
2019年2月開催の講座は、ブロガー/作家 立花岳志さんをゲスト講師にお迎えしての『ブログアクセス数爆増セミナー』

そもそも、私がブログを始めるきっかけとなったのが、今からちょうど2年前の2月、同じ「ウェブ心理塾・立花さんのブログセミナー」
当時、ブログの「ブ」の字も、ほとんど知らなかった私は、そのご講演に感銘して、ブログを立ち上げるに至った。

今回は「ブログを成長させて、人生を劇的に変えてゆこう!」
立花さんが自ら実践してこられた軌跡を交えて、「ブログの成長」「好きなことをブログに書き続けることで、自らが進化するコンテンツにする」といった点を、さらに深く教えてもらいました。

ブログ成長のために

とにかく、どんどん更新する。
筋トレと同じで、毎日リズムよく積み重ねていれば、その「筋力」が鍛えられる。
これは、最初のセミナーのときにも教えていただき、私はこの「毎日筋トレ(=ブログ更新)」を実践しています。

しかし、さらに成長するためには、さまざまなコツがある。具体的には、

  • タイトルの先頭に必ずキーワードを配置する
  • 新しい情報はGoogleから評価されるのが早い。「先手必勝」
  • まとめ記事は、より読者さんの役に立てる
  • ブログの導線がスムーズになるように心がけると、「親切さ」が伝わる

・・・etc.

さっそく、自分の「よく読まれている記事」について、この点を確認してみます。
すると、できてない、できてない(汗)

教えてもらったことをもとに、しっかりリライトしよう。

画像の取り扱いに注意

一方、注意すべき点として教訓をいただいたのが、「画像の取り扱い」について。
ネット上にあふれている「無料画像」は、適正ではないこともありがち。
無断借用とみなされ、賠償責任が発生することになっては、せっかく育てたブログも水の泡となってしまうので、十分気をつけないとならない。

やはり、自分の記事を見返してみて、そのようなケースがないか?もう一度確認してみなければ。

好きなことをブログに書き続けることで、自らが進化するコンテンツにする

こうした、テクニカルなポイントはもちろんのこと。

私がもっとも響いたこと。それは、
「誠実に、好きなことをブログに書き続けることで、自らが進化するコンテンツにする。それがセルブランディング」
というメッセージ。

そうなのだ。「言葉」というツールを用いて、ブログで、自分が感じたことや経験したことを表現する。
そして、「私の生き様」をお伝えする。それが"ブログの心"

得意なこと、好きなことを書かなかったら、自分の表現なんてできない。

そして、その結果共感してもらったり、ファンになってもらったり。
そこからきっと、何かが生まれてくれるのかもしれない。

ブログって、無限の可能性があるんだな。なんて、夢があるのだろう。

せっかく、その「懐刀」を持っているのだったら「止めないこと」
その言葉をいただいて、立花さんのご講演は締めくくられました。

ブログアクセス数アップの工夫

第2部は、ウェブ心理塾主催者の、精神科医/作家 樺沢紫苑先生の講演。

樺沢先生がご自身のブログについて、アクセス数アップにさまざま工夫をされていること。

その具体的なノウハウを、教えてもらいました。

  • ベネフィットが明確に示されている
  • 1年後に読まれたとしても、古くなっていない内容
  • SNSでのシェア回数が多いほど、拡散される可能性が高い

とくに"読み手"には三通りの人たちがいる。

  1. 「情報収集」というベネフィット優先
  2. 流行りモノ好き
  3. ファン

こうした方々へ広くお届けするためにも「3回シェア」を心がけるとよい。
ただし、SNSのリード文は、対象の方々に向けて別のメッセージを込める。

これは、実践してみなくっちゃ。

今日の一言

このセミナーを受けて、

さらにブログが好きになった。
さらにブログが書きたくなった。

また、情報発信とは「ひとりでやらない」ことも大切。
応援し合える仲間がいる‥ということも大きな力となる。

「ウェブ心理塾」は、そのためのコミュニティでもあり、私もいつも仲間に助けてもらっています。

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら