スペイン&イタリア個人旅行まで、あと1週間 ネットやブログに助けてもらえるのがありがたい 

広告

スペイン(マドリード、バルセロナ)と、イタリア(ヴェネチア)へ、息子と一緒に旅行します。ほぼ、ノープラン。

出発まであと1週間と迫り、流石に焦ってきた。週末の休みを利用して、アレコレ情報収集と準備を進めます。
なにせ、個人旅行でヨーロッパに行くのは初めて。何から手をつけていいのやら…

そういう時は、自分の知恵に加えて、ネットやブログの情報が役に立ってありがたいものです。

成田空港まで

ここのところ、海外旅行の時は決まって羽田空港利用を選択していたのですが、今回は成田空港。
移動も、より、余裕を持って行わなければなりません。

パックツアーの場合、フライトの2時間前に空港カウンターに集合…ということが多いですが、個人旅行の場合はどうなるの?
ネットで調べてみると、羽田より成田の方が、施設内が複雑なので、望ましいのは3時間前、遅くとも2時間前を目指すべし。と書いてあります。
おやー。パックツアーと同等もしくは、それより前なのねー。

今回の出発は平日の成田11時初のフライト。
時間の正確性を優先するならば、ワタシの最寄駅から新宿に出て「成田エクスプレス」が便利ですが、なにせ通勤時間帯。

大荷物で満員電車に乗るのはなかなかストレスフル。
幸い、近所のバスターミナルから成田行きのリムジンバスが運行されているので、そちらを予約しました。

予定所要時間は2時間30分。バスに揺られて行くのには中々長時間ですが、仕方ありません。

スーツケース

海外旅行ですと、これまではスーツケースを使っていました。

あいにく、小型のそれは只今修理中。ちょっと大きめのものしかありませんが、あらためて購入するのも何なので、これを使うことにしました。

長さが60㎝、奥行きが25㎝。息子のコートとだいたい同じ大きさ。アイキャッチにしました。
これをズルズル引っ張っていって、二か国を移動するの、ちょっと自信ないなあ…

息子は、以前のロシア旅行のときに、リュックを購入していたので、今回もソレを利用とのこと。

ワタシのスーツケースを見て開口一番「デカすぎるから。LCCだと、荷物預けるのにも金かかるんだから」と申します。

そんなこと言われても。もう、しゃーない。ズルズル頑張ろう(笑)

服装

ヨーロッパは東京より、寒さも上回っているのかなー?

ネットで、例えば「マドリードの平均気温」を見てみると、2月の最高気温が12℃、最低気温が4℃。
あまり変わらなさそうだ。

とはいえ、用心に越したことはナシ。さりとて、かさばる冬服を大量に持っていくワケにも行きません。

たまたま近所の「GAP」でセールをしていたので、いくつかのアイテムを買い足しました。これ全部で1.2万円くらい。
特に、首回りを服で覆えるのが、保温のためには大事です。

観光

さて。観光プランを立てます。
マドリードでは王宮とプラド美術館。バルセロナではサグラダファミリア。コレは外せません。

日本の有名観光地と同様、中々に混雑している様子で、旅ブログを見てみると「事前予約」が推奨されています。
色々考えて、マドリードでは、現地の半日ツアー(日本語ガイド付き)を予約しました。

サグラダファミリアは、 HPの予約ページを見に行きます。Googleさんが翻訳してくれるのですが、3月の「March」が「行進」と訳されていたり…笑

無事、予約完了できましたw

ヴェネチアも、場合によっては現地ツアーに参加しようかと思っています。

通信環境

一方、海外旅行の肝は、やはり通信環境。
ワタシのキャリアである、auでは「世界データ定額」というサービスがあり、前回台湾に行った際も、これを利用して快適に過ごすことができました。

スペイン、イタリアでも利用可能とのことですが、息子曰く「それだけだと不安なので、SIMカードも借りたい」とのこと。ま、その辺りワタシは疎いので、彼に任せるとしよう。

あとは、肝心の電源。ガイドブックによると変圧器が必要らしいので、持ってゆくことにします。

現金と保険

お店では大方、クレジットカードが利用可能のようですので、なるべくキャッシュレスで。
どうしても…という時の場合に備えて、現金(ユーロ)を用意しておくことにしますが、当日空港で両替すればいいや。

海外旅行保険も、あまり加入しないことが多いですが、当日空港で考えよう。

今日の一言

パックツアーだと、何もかもがお膳立てされていて、それはそれは楽なものですが、
こんな風にエッチラオッチラ自分で取り組みながら旅に出るのも、また、よろし。

おかげさまで準備が進みつつあり、「不安モード」が「楽しいモード」に切り替わってきました。

ネットでなんでも調べ物ができる。特に、ブログ記事はとても役に立ってありがたい。
自分もそんなふうに、どなたかのお役に立てる記事を書いてゆきたいと、あらためて思いましたw

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

会社管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職。このままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンを持つ。

→詳しいプロフィールはこちら