飛行機からみる風景 富士山を見るならA列だけど、K列から見た信州連峰も素晴らしい

飛行機に乗ることは、たまに行く旅行くらいしかありませんでしたが、今年の7月に部署異動してからは、福岡の部下さんに会いに行くことが多くなりました。

なんせ、ほとんど飛行機利用をしていなかったのでお恥ずかしながら知らずに恐縮ですが、昨今は予約の仕方も簡略化され、席も予約時に決められます。

とくに冬の朝のフライトは、眼下の風景も素晴らしく、写真に撮るのも楽しい。窓側席がいいものです。

窓側席

それまでのワタシは、飛行機といえばとにかく通路側優先。トイレに立つにも、CAさんに声をかけるのも断然通路側が便利だと思っていましたが、先日行った出張の際に、窓側席の素晴らしさに魅了されました。

本日も気温が低かったこともあり、澄み渡った空気と抜けるような青空。素晴らしい景色が眼下に広がっていました。

富士山と信州連峰

水平飛行になって程なく、コックピットからのアナウンスが聴こえてきます。
「左手には富士山、右手には信州連峰がご覧いただけます。」

ワタシが予約できるのは、ビジネス回数券ということもあり翼の近辺席が多いのですが、たまたま、翼からずれた後方窓側席、「38K」を予約できました。

飛行機の席は、前方から向かって左側がAから始まり右側がKで終わる。というパターン(いわゆる、ボーイング7・・の場合)とのこと。東京→福岡に行く際のA列が富士山側。K列が信州連峰側のようです。

本日のアナウンスを聴いてそれを知りましたが、信州連峰の眺めも素晴らしく、アイキャッチ画像はその感動を撮影した一枚を使いました。

帰りはA列に座ったけど…

一方、帰りはその逆になるので、たまたまA列を取っていましたが、冬の夕方となると、なかなかに雲が多く、残念ながら富士山は見えませんでした。

今後また飛行機に乗る機会があって、席の予約が可能な際は、ぜひ、A列に座って富士山を撮影してみたいなー。

先月受けた写真術のセミナー以来、本当にさまざまなシーンでの写真を撮ることもとても楽しみです。

今日の一言

どちらかというと苦手意識の多かった飛行機ですが、席の特徴やそこから眺める風景を知ることができる。

乗り物というのは偉大ですよねーw

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー/色々学び人
30数年会社員まっしぐら、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつに至る。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から640記事連続、毎日更新中。(2018年10月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら