夏休みはありがたい 実際に出かけられなくても、以前に出かけたことを思い出して楽しむ

広告

2020年の夏休みをもらっています。

この年は、新型肺炎COVID-19の影響で、どこかに出かけることもままなりません。

でも、仕事をしていると夏休みを取れることがありがたい。

どんなふうに過ごすことにしたのか、ご紹介します。

出かけられる先を見つけても、はしゃいで過ごしていいのか不安になる

同年の8月5日には、いくつかの自治体で緊急事態宣言発令となってしまいました。

出かけられる先を見つけられたとしても、はしゃいで過ごしてもいいのだろうか?

そんなことを気にしていると心底楽しめなさそうだし、灼熱太陽の下、マスク着用も辛い。

ならば、以前に出かけたことを思い出して、マインドトリップをしてみよう…と考えました。

アイキャッチは、2019年にグアム旅行をしたときのものです。

2019年夏休みの、グアム旅行

旅行に出ると、ブログ記事も捗ります。

このときには、もちろん一年後の夏にこんな事態になっていようとは想像もしていません。

翌年はどこに行こうか?何をブログに書こうか?
旅の思い出を楽しみながら、次の予定に胸躍らせたものです。

思い出があるからこそ、次の目標ができる

2020年の夏休みはこれといってなにもせず、過ごすことになりそうです。

仕方ありません。

でもね。思い出があるからこそ、次の目標ができる。

2021年はどこへ行こう?
未来はきっと、いくらでも拓けているに違いない。

今年がなにもできなくたって、いいのです。

最後にひとこと

今朝はまず、朝ごはんをゆっくり食べることができました。

そんな時間も、休暇だからこそ。

夏休みに感謝です。

広告

この記事を書いた人

ねーさん

ねーさん

女性管理職/100年ライフブロガー

30年以上会社勤務と子育てをしながら、40歳で正社員復活し、現在は一部上場企業で管理職となって15年。定年を間近に控えてこのままで良いのかと悩み、様々な学びと、出会った師匠たちに救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンのもとブログで情報発信中。

→詳しいプロフィールはこちら