息子の卒業旅行に付き合う 気ままにマドリード・バルセロナ・ヴェネチア どうぜ全部うまくゆく

広告

この2019年4月に、息子が新社会人になります。
イロイロあって‥大学に8年間もお世話になりました。

もともとは今から2年前に卒業して就職する予定でした。サッカー好きの息子がヨーロッパリーグを観に、当時、卒業旅行に付き合ってくれーと言われていて計画しようとしていたところ、残念ながらそれが果たせずに今に至ります。

再びその旅行を計画することとなり、仕切り直し。

「お母さんも一緒にどうぞ」と息子が言うものですから、せっかくならば。と会社に休みをもらって同行することにしました。訪問地は、マドリード、バルセロナ、ヴェネチア。

昨年、2018年のサッカーワールドカップを観に、一人でロシアに旅立っていった息子。

それに味をシメてか、今回も完全に個人旅行。ネットで航空券とホテルを予約して「じゃ、よろしく」と申します。

じゃ、よろしくって‥ロシアW杯の時は、国際大会で町のソコココが、観光客に優しい仕様になっていたと思われる。
そもそも、スペインもイタリアも、英語があまり通用しない。

ワタシは、パックツアーしか経験がなく、しかも、以前ヨーロッパに訪れた際は、完全に日本人のガイドさんが案内してくれたもの。お恥ずかしながら、スペイン語もイタリア語も、全く分りません。

ガイドブックを熟読して、ネットでイロイロ調べて‥すると、なにやら現地の日本語が分かるガイドさんにサポートしてもらったほうが良さそうだ。
そのことを息子に伝えると。

「お母さんがガイドさんに頼むのはお好きにどうぞ。ボクは勝手に一人で行動しますんで」
いやいや、勝手にとか言ったってさー、日本人がスマホ片手にウロウロしてたら、絶好のカモだから!
「そうなったら、それが自分の運命だからと思うので」

あ・の・ねーーー。備えあれば憂いなしって言いますからね。運命とか、開き直っている場合じゃないでしょーにー。

どうやら危機感ゼロ。
おいおい、どうなることやら。

準備万端好きなワタシなのですが(笑)もう、息子に倣って開き直るしかない。
風の赴くままに、時の導くままに。

とにかく流れに乗ってゆこう。どうぜ、全部うまくゆくしw

☆「100歳以上生きる」を目指すために
この本に書かれてあることを1つ1つ実践しています☆

Amazonへ見にいく

広告

投稿者プロフィール

ねーさん(ikumi3)
ねーさん(ikumi3)
会社の管理職/100年ライフブロガー
30数年会社員まっしぐら、子育てしながら40歳で正社員復活、その後管理職となり現在に至る。しかし、定年まであと数年…というところで、会社の組織改編や家族の不調に見舞われお先真っ暗に…。その後、さまざまな学びと素晴らしい師匠たちに出会うことで救われる。この経験により「今後の100年ライフを楽しく過ごし、同じような人を一人でも増やしたい」というビジョンをもつ。このブログではそんな私の思いや実践をお伝えすべく、2017年7月22日から964記事連続、毎日更新中。(2019年5月31日現在)→詳しいプロフィールはこちら